Mac の Word 2016 でメイン辞書の単語を使用してスペルを自動的に修正します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

スペル チェックで使用するメイン辞書の単語に合わせて、スペル ミスを含む単語を自動的に修正するように Microsoft Word を構成できます。

注: ハイパーリンク内のテキストは自動的に修正されません。

目的に合ったトピックをクリックしてください

スペル チェックで使用するメイン辞書をオートコレクトで利用可能にする

オートコレクトの変更を元に戻すとき、オートコレクトで無視する単語を自動的に追加する

オートコレクトで無視する単語を手動で追加する

スペル チェックで使用するメイン辞書をオートコレクトで利用可能にする

Microsoft Office をインストールしたときは、オートコレクトは、スペル ミスを含む単語をスペル チェック プログラムで使用されるメイン辞書の単語と照合して修正するように既定で設定されています。 この設定は非アクティブ化することもできるので、アクティブであることを後で確認できます。 この操作は次の手順で実行できます。

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [Word 環境設定] で [オートコレクト] をクリックします。

    [Word 環境設定] で、文書内でオートコレクトから変更される対象を変更するには、[オートコレクト] をクリックします。
  3. [オートコレクト] タブで、[入力中にスペル ミスを自動修正する] がまだオンでない場合はオンにします。

    オートコレクトでメイン辞書からの単語が自動的に使用されるようにするには、スペル チェックから [入力中にスペル ミスを自動修正する] を選びます。
  4. 変更を行ったら、[OK] をクリックして有効にします。

ページの先頭へ

オートコレクトの変更を元に戻すとき、オートコレクトで無視する単語を自動的に追加する

ドキュメントの編集中にオートコレクトで不要な修正が行われた場合は、Control キーを押しながら Z キーを押して、修正結果を元に戻すことができます。オートコレクトの変更を元に戻すときは、単語を例外処理リストに自動的に追加するように Word を構成することもできます。単語を例外処理リストに追加すると、オートコレクトでその単語は変更されなくなります。

注:  例外処理リストは、この機能をサポートしているすべての Office プログラムで有効です。 これは、あるプログラムで例外として追加したあらゆる単語が他のすべての Office プログラムでも例外になることを意味します。

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [Word 環境設定] で [オートコレクト] をクリックします。

    [Word 環境設定] で、文書内でオートコレクトから変更される対象を変更するには、[オートコレクト] をクリックします。
  3. [オートコレクト] タブの [例外処理] をクリックします。

    [例外処理] をクリックして、Word でスペル チェック時に無視されるリスト単語に対して単語を追加または削除します。
  4. [その他の修正] をクリックして、[リストに自動的に追加する] を選びます。

    スペル チェック中に無視するようにユーザーが指示した単語を Word で自動的に追加させるには、[リストに自動的に追加する] を選びます。
  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

オートコレクトで無視する単語を手動で追加する

メイン辞書に含まれていなくてもメイン辞書に含まれている単語に似ている単語を頻繁に使用する場合は、オートコレクトによって単語のスペルが頻繁に変更されることが問題になることがあります。 例外処理リストに単語を追加すると、この問題を解決できます。このリストは、オートコレクトによって変更されない単語のセットです。

注記: 

  • 例外処理リストに追加した単語は、スペル チェックで使用される既定のユーザー辞書にも追加されます。

  • 例外処理リストは、この機能をサポートしているすべての Office プログラムで有効です。 これは、あるプログラムで例外として追加したあらゆる単語が他のすべての Office プログラムでも例外になることを意味します。

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [Word 環境設定] で [オートコレクト] をクリックします。

    [Word 環境設定] で、文書内でオートコレクトから変更される対象を変更するには、[オートコレクト] をクリックします。
  3. [オートコレクト] タブの [例外処理] をクリックします。

    [例外処理] をクリックして、Word でスペル チェック時に無視されるリスト単語に対して単語を追加または削除します。
  4. [その他の修正] をクリックして、オートコレクトで無視する単語を [指定した文字列を修正しない] ボックスに入力します。

  5. 正符号をクリックして単語をリストに追加します。

    正符号をクリックして、単語を、[指定した文字列を修正しない] の下に入力した例外処理のリストに追加します。

    ヒント: 既にリストに存在する単語を選んで、負符号をクリックして、その単語を削除することもできます。

  6. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×