Mac の Word でさまざまなビューに切り替える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Word for Mac] で、いくつかのさまざまな方法でドキュメントを表示することができます。各ビューでは、さまざまなタスク用に最適化され、文書に異なる方法で表示されます。すばやく 1 つのビューからに切り替える作業内容を簡単に、使用する機能にアクセスします。いくつかのコンテンツまたは機能にアクセスできなくなる別に 1 つのビューから切り替えるとします。この場合、前のビューに切り替えることコンテンツまたは機能にアクセスを通常復元できます。

表示を切り替えるには、[表示] タブで目的の表示名 ([印刷レイアウト]、[Web レイアウト]、[アウトライン]、[下書き]) をクリックするか、表示切替の表示アイコンをクリックします。表示切替は、Word ウィンドウの左下隅にあります。

表示切替

注: Word 2016 for Mac では、ノート レイアウト表示は利用できません。メモを取ったり、他のユーザーとメモを共有したりするには、OneNote 2016 for Mac を利用してください。OneNote ファイルは保存され、OneDrive と自動的に同期されますが、ノートのキャッシュされた (ローカルで保存された) コピーを利用し、オフラインで作業を続けられます。

次の表では、 Word 2016 for Macで利用できるさまざまなビューについて説明します。

表示

説明

印刷レイアウト

印刷レイアウト表示を使うと、印刷されたときと同じように文書を表示できます。 印刷レイアウト表示は、新規文書を開いたときの既定の表示です。

Web レイアウト

Web レイアウトを使うと、内容が Web 公開されたときにどのように表示されるかを確認できます。 この表示から、内容の大まかな外観はわかりますが、正確な外観を確認することはできません。

注: Web レイアウト表示には、HTML コードは含まれません。 Web レイアウト表示を使って作成した文書を変換するには、文書を Web ページとして保存します。

アウトライン

アウトライン表示を使うと、アウトラインの作成とテキストの操作が簡単になります。 テキストの上下移動、レベルの展開と折りたたみ、見出しレベルの変更、特定の見出しレベルのみの表示などを行うことができます。

注: アウトライン表示から別の表示に切り替えると、レベルが表示されなくなります。 アウトライン レベルを表示するには、アウトライン表示に戻ります。

下書き

印刷したときに内容がどのように見えるかを確認する必要がない場合は、下書き表示を使うと、テキストの編集や書式設定をすばやく行うことができます。

下書き表示では、テキストの書式設定は表示されますが、ページのレイアウトが簡素化されるため、すばやく入力および編集できます。 また、ページ間の境界、ヘッダーとフッター、背景、テキストの折り返しの種類が [行内] に設定されていない画像など、一部のページ要素が表示されません。

下書き表示では、スタイル領域に各段落のスタイルを表示することもできます。それを行うには、[Word] メニューの [ユーザー設定]、[表示]、[スタイル名表示領域] をクリックします。

[表示] メニューの表示を切り替えるには、(下書き、Web レイアウト、枠線、印刷レイアウト、ノート レイアウト、デザイン レイアウト、またはフォーカス) を選択するか、表示切替で表示アイコンをクリックするビューの名前をクリックします。表示切替は、Word ウィンドウの左下隅にあります。

表示切替

次の表では、 Word for Mac 2011で利用できるさまざまなビューについて説明します。

表示

説明

下書き

印刷したときに内容がどのように見えるかを確認する必要がない場合は、下書き表示を使うと、テキストの編集や書式設定をすばやく行うことができます。

下書き表示では、テキストの書式設定は表示されますが、ページのレイアウトが簡素化されるため、すばやく入力および編集できます。 また、ページ間の境界、ヘッダーとフッター、背景、テキストの折り返しの種類が [行内] に設定されていない画像など、一部のページ要素が表示されません。

Web レイアウト

Web に発行されたコンテンツの表示方法を理解するのにには、Web レイアウト ビューを使用します。このビューでは、コンテンツの表示方法、いない完全一致の近似値を提供します。

注: Web レイアウト表示には、HTML コードは含まれません。 Web レイアウト表示を使って作成した文書を変換するには、文書を Web ページとして保存します。

アウトライン

アウトライン表示を使うと、アウトラインの作成とテキストの操作が簡単になります。 テキストの上下移動、レベルの展開と折りたたみ、見出しレベルの変更、特定の見出しレベルのみの表示などを行うことができます。

注: アウトライン表示から別の表示に切り替えると、レベルが表示されなくなります。 アウトライン レベルを表示するには、アウトライン表示に戻ります。

印刷レイアウト

印刷レイアウト表示を使うと、印刷されたときと同じように文書を表示できます。 印刷レイアウト表示は、新規文書を開いたときの既定の表示です。

注: 印刷レイアウト表示からデザイン レイアウト表示に切り替えると、一部のテキストが編集できなくなります。 このような場合は、印刷レイアウト表示に戻ると、すべてのテキストを編集できるようになります。

ノート レイアウト

ノート レイアウト表示を使うと、会議や講義でメモを取る、プロジェクトの概要を作成する、研究資料を収集する、オーディオ ノートを録音および再生する、考えを記録するといった作業をすばやく行うことができます。 ノート レイアウト表示の既定の形式は、リスト形式です。 Outlook for Mac がインストールされている場合は、ノート レイアウト表示の文書内の項目を Outlook タスクに変換できます。

注: ノート レイアウト表示の主な目的は、メモを取ることです。 ノート レイアウト表示で作成した文書を印刷すると、内容のみが印刷されます。 ノート レイアウト表示に表示されるノート要素 (罫線、ノートブック リング、タブなど) は印刷されません。

デザイン レイアウト

デザイン レイアウト表示を使うと、ニュースレター、パンフレット、チラシなどの豊富な書式を含む文書を作成できます。 デザイン レイアウト表示には、[標準] ツールバーがあります。このツールバーには、豊富な書式を含む文書を作成するためによく使われるコマンドおよび要素のセットが含まれています。 また、図、グラフィック、テキスト ボックスなどの、重なっているオブジェクトを並べ替えることもできます。 さらに合字を有効にすると、より多くのフォントを簡単に利用できるようになります。

全画面フォーカス

閲覧モードや作成モードで集中して作業したいときに、全画面フォーカス表示を使います。

注: Office 2011 (バージョン 14.1 以前) を使っている場合は、全画面フォーカス表示は全画面表示と呼ばれます。 Mac OS X 7 (Lion) の全画面表示の詳細については、「画面を整理してドキュメントを見やすくする」を参照してください。

注: 全画面フォーカス表示では、作成ツールの基本セットのみが表示され、主に文書の読み取りを行います。 他の作成ツールにアクセスするには、印刷レイアウト ビューなどの他のビューに切り替えます。

関連項目

音声を録音する

文書の離れた部分を同時に表示する

全画面フォーカス表示を使用する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×