MODE 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

引数リストの中で、最も頻繁に出現する値 (最頻値) を返します。MEDIAN 関数同様、データの分散傾向を知る手段として利用できます。

書式

MODE(数値 1, 数値 2,...)

数値 1, 数値 2,...    計算の対象となる数値を最大 30 個まで指定します。

解説

  • 引数には、数値、または数値を含む列参照を指定します。

  • 引数として指定した列参照に、文字列、論理値、または空白セルが含まれている場合、これらは無視されます。ただし、値 0 (ゼロ) を含む引数は計算の対象となります。

  • 対象となるデータに重複する値が含まれていない場合、エラー値 #N/A が返されます。

最頻値とは、値の集合内に最も頻繁に現れる値のことで、中央値とは値の集合内でちょうど中央にある値のことです。また、平均値とは、各データの値の平均です。これら 3 つの統計値は合わせて評価することによって、データの集中傾向をより詳細に把握できます。対象となるデータが 3 つの領域に集中している場合を考えてみましょう。データの半数が低い値の範囲に集中し、残りの半数が 2 つの高い値の範囲に集中している場合、AVERAGE 関数や MEDIAN 関数の戻り値は、実際のデータが比較的少ない中間の値になることがありますが、MODE 関数の戻り値は実際に最も集中している低い値を示すことになります。

使用例

列 1

列 2

列 3

列 4

列 5

列 6

数式

説明 (計算結果)

5.6

4

4

3

2

4

=MODE([列 1], [列 2], [列 3], [列 4], [列 5], [列 6])

これらの数値から最も頻繁に出現する値 (最頻値) を求めます (4)

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×