MIRR 関数

ここでは、Microsoft Excel の MIRR 関数の書式および使用法について説明します。

説明

一連の定期的なキャッシュ フローに対する修正内部収益率を返します。 MIRR 関数では、投資原価と、現金の再投資に対する受取利率の両方が考慮されます。

書式

MIRR(値, 安全利率, 危険利率)

MIRR 関数の書式には、次の引数があります。

  • 範囲    必ず指定します。 数値を含む配列またはセル参照を指定します。 これらの数値は、定期的に発生する一連の支払い (負の値) とその収益 (正の値) を表しています。

    • 修正内部収益率を計算するには、正の値と負の値が範囲に少なくとも 1 つずつ含まれている必要があります。 そうでない場合は、エラー値 #DIV/0! が返されます。

    • 引数として指定した配列またはセル範囲に文字列、論理値、空白セルが含まれている場合、これらは無視されます。ただし、数値として 0 (ゼロ) を含むセルは計算の対象となります。

  • 安全利率    必ず指定します。 支払額 (負のキャッシュ フロー) に対する利率を指定します。

  • 危険利率    必ず指定します。 収益額 (正のキャッシュ フロー) に対する利率を指定します。

解説

  • MIRR 関数では、範囲の順序がキャッシュ フローの順序であると見なされます。 支払額と収益額を入力する際は、その順序と符号 (収益額は正の値、支払額は負の値) に注意してください。

  • n が範囲内のキャッシュ フローの回数、frate が安全利率、rrate が危険利率の場合、MIRR 関数は次の数式で表されます。

    数式

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

データ

説明

-12,000,000

取得価額

3,900,000

初年度の収益

3,000,000

2 年目の収益

2,100,000

3 年目の収益

3,700,000

4 年目の収益

4,600,000

5 年目の収益

0.1

12,000,000 のローンの借り入れ年利 (安全利率)

0.12

収益に対する再投資の年利 (危険利率)

数式

説明

結果

=MIRR(A2:A7, A8, A9)

事業開始から 5 年後の修正内部利益率を求めます

13%

=MIRR(A2:A5, A8, A9)

事業開始から 3 年後の修正内部利益率を求めます

-5%

=MIRR(A2:A7, A8, 14%)

危険利率を 14% と仮定した場合の、5 年後の修正内部利益率を求めます

13%

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×