MIRR 関数

一連の定期的なキャッシュ フロー (支出と収入) の修正内部利益率を浮動小数点型 (Double) で返します。

構文

MIRR( values (), finance_rate, reinvest_rate)

MIRR 関数の構文には、次の引数があります。

引数

説明

values ()

必須です。 キャッシュ フローの金額を指定する Double 型の配列。 配列には、少なくとも 1 つの負の値 (支払い) と、1 つの正の値 (受け取り) を含める必要があります。

finance_rate

必須です。融資コストとして支払われた利率を表す Double

reinvest_rate

必須です。現金再投資の利益から受け取った利率を表す Double


解説

修正内部収益率とは、支出と収入が異なる利率で発生した場合の内部収益率です。MIRR 関数では、投資のコスト (finance_rate) と、現金再投資で受け取った利率 (reinvest_rate) の両方を考慮します。

finance_rate および reinvest_rate の引数は、10 進数で表されたパーセンテージです。たとえば、12% は 0.12 と表されます。

MIRR 関数では、配列内の値の順序を支出と収入の順序として解釈します。支出と収入を入力する際は、その順序にご注意ください。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、MIRR 関数を使用して、配列 Values() に含まれる一連のキャッシュ フローの修正内部収益率を返します。LoanAPR は、融資金利を表し、InvAPR は再投資で受け取った利率を表します。

Dim LoanAPR, InvAPR, Fmt, RetRate, Msg
Static Values(5) As Double ' Set up array.
LoanAPR = .1 ' Loan rate.
InvAPR = .12 ' Reinvestment rate.
Fmt = "#0.00" ' Define money format.
Values(0) = -70000 ' Business start-up costs.
' Positive cash flows reflecting income
' for four successive years.
Values(1) = 22000 : Values(2) = 25000
Values(3) = 28000 : Values(4) = 31000
' Calculate internal rate.
RetRate = MIRR(Values(), LoanAPR, InvAPR)
Msg = "The modified internal rate of return " & _
"for these five cash flows is"
Msg = Msg & Format(Abs(RetRate) * 100, Fmt) & "%."
' Display internal return rate.
MsgBox Msg
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×