Lync Web App から会議に音声とビデオを追加する

Lync Web App から Lync 会議に参加する場合は、コンピューターのスピーカーまたはコンピューターに接続されているヘッドセットから会議の音声を聞くためのプラグインをインストールします。他の参加者に対して発言する場合は、コンピューターかヘッドセットのマイクを使います。

ヒント: 

出席者がビデオを共有している場合、お使いのコンピューターにカメラがなくても、会議ウィンドウで確認できます。コンピューターにカメラがあり、他の参加者に自分のビデオを公開したい場合は、[ビデオ] をポイントするか、またはタッチスクリーンで [ビデオ] をタップし、[自分のビデオを開始] を選びます。

コンピューターのマイクとスピーカーまたはヘッドセットを使えるようにするには、プラグインをインストールする必要があります。プラグインをインストールしなかった場合や、システム管理者によって会議でのコンピューターの音声とビデオの使用が無効にされている場合は、電話を使って音声会議に接続できます。会議に参加すると、[音声会議への参加方法] ダイアログ ボックスが表示されます。システム管理者の設定に応じて、以下のオプションが任意の組み合わせで表示されます。最適なオプションを選んでください。

[会議の開始時に呼び出しを受ける] というオプションが選択された状態の [音声会議への参加方法] ダイアログ ボックスのスクリーン ショット

選択可能なオプション

目的

自分のコンピューターを使う

コンピューターのマイクとスピーカーを使って、音声会議に接続します。

会議の開始時に呼び出しを受ける¹

電話会議から指定した電話番号にかけてもらいます。

この会議にダイヤルする

表示された番号の 1 つを使って、電話から会議にダイヤルインします。

¹ このオプションは、会議の開催者がダイヤルイン会議向けにセットアップされている場合にのみ利用できます。詳細については、各組織のテクニカル サポート担当者にお問い合わせください。

コンピューターから会議の音声とビデオに接続すると、組織の要求に応じて、インターネットにアクセスするための資格情報の認証が必要になる場合があります。表示されたダイアログ ボックスで資格情報を入力し、[OK] を選びます。

会議に参加した後に会議の音声を取得する

プラグインをインストールしてからコンピューターを使って会議に参加しても、コンピューターにオーディオ デバイスが接続されていなければ、会議の音声を聞くことができません。ただし、参加者のビデオや共有されているコンテンツはすべて表示できます。会議の音声を取得するには、次のいずれかの操作を行います。

  • コンピューターにヘッドセットか、外部マイクとスピーカーを接続します。次に、[電話] をポイントするか、タッチスクリーンで [電話] をタップし、[Lync 通話] を選びます。

  • ²[電話] をポイントするか、タッチスクリーンで [電話] をタップし、[新しい番号] を選びます。[新しい電話番号に電話する] ダイアログ ボックスで、電話番号を入力し、[折り返し先] を選びます。この番号に電話会議から電話をかけることができます。

  • 会議出席依頼に示されていた会議の電話番号に自分の電話でダイヤルし、メッセージに従って電話会議 ID を入力します。

² このオプションは、会議の開催者がダイヤルイン会議向けにセットアップされている場合にのみ使用できます。詳細については、テクニカル サポート担当者にお問い合わせください。

注: 利用可能なオプションは、テクニカル サポート チームがアカウントに対して有効にした内容に応じて異なります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×