Lync Online で会議を録音、再生する

ユーザーの組織でレコーディングを有効にしている場合は、Microsoft Lync Online 通信ソフトウェアの会話または会議を記録できます。レコーディングを使うと、Lync Online セッションの音声、ビデオ、インスタント メッセージング (IM)、アプリケーションの共有、Microsoft PowerPoint のプレゼンテーション、ホワイトボード、投票の各部分を取り込み、Lync の会話または会議で実際に行われたとおりに再生することができます。

Lync レコーディング全体または一部を Windows Media ファイル形式で保存すると、他のユーザーもレコーディングを利用できるようになります。このオプションを使うと、共有したいすべてのレコーディング コンテンツを 1 つの Windows Media ビデオにまとめることができます。最初の設定では、このビデオはお使いのコンピューターに保存されますが、ネットワーク上の場所または Microsoft SharePoint Server 2010 アセット ライブラリに保存して、他のユーザーと共有することもできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

レコーディングに含めるコンテンツを決定する

会話または会議を記録する

会話または会議を記録しているユーザーを確認する

レコーディングを停止して保存する

レコーディングを再生する

他のユーザーと共有できるレコーディングのバージョンを作成する

レコーディングに含めるコンテンツを決定する

Lync の会議中や会話中、まだレコーディングを開始していないときに、レコーディングに含めるコンテンツの種類を選択できます。会話または会議の進行中に、[会議] ウィンドウまたは [会話] ウィンドウの [レコーディング オプション] を開いて、これらのオプションを設定できます。加えたすべての変更は、現在の会話または会議に適用されます。後続の会話または会議では、これらのオプションは最初の設定値に戻ります。

注:  公開可能な Windows Media バージョンのレコーディングを作成する予定があり、元の Lync セッション内の特定のコンテンツのサイズが非常に大きい場合 (ホワイト ボードのサイズが大きい、IM セッションが長い、デュアル モニターを共有しているなど)、完成したビデオのコンテンツが読み取りにくくなる可能性があります。また、レコーディングの IM 部分に含まれるインク メッセージは、完成したビデオの幅が制限されているため、通常、切り捨てられます。

  1. [会議] ウィンドウまたは [会話] ウィンドウのメニュー バーで [設定] をクリックします。([設定] メニューを表示できない場合は、[その他のオプション]、[メニュー バーの表示] の順にクリックします。)

  2. [レコーディング オプション] をクリックします。

  3. [Lync - レコーディング オプション] ダイアログ ボックスで、現在の Lync レコーディングに含めるコンテンツの種類の横にあるチェック ボックスをオンにします。あるコンテンツの種類を利用できない場合、ユーザーの組織でそのコンテンツのレコーディングが許可されていない可能性があります。

  1. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

会話または会議を記録する

1 人の相手との Lync 会話を行っているときに、各参加者の組織でレコーディングが許可されている場合には、レコーディングを開始できます。通常の電話を使っているユーザーとの会話は記録できないことにご注意ください。Lync 会議に参加している場合、ユーザーが発表者であり、かつレコーディングが許可されている会議を予約または開始したユーザーである場合は、レコーディングを開始できます。

  1. レコーディングを開始するには、[会議] ウィンドウまたは [会話] ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。

    • [その他のオプション] をクリックし、[レコーディングの開始] をクリックします。

    • メニュー バーで [操作] をクリックし、[レコーディングの開始] をクリックします。([操作] メニューを表示できない場合は、[その他のオプション]、[メニュー バーの表示] の順にクリックします。)

  2. レコーディングが進行しているときに、ウィンドウの下部にあるコントロールを使って、レコーディングの一時停止、再開、または停止を行うことができます。

ページの先頭へ

会話または会議を記録しているユーザーを確認する

レコーディングが進行しているときに、[会議] ウィンドウまたは [会話] ウィンドウの下部に、[記録中です]、[他のユーザーが記録中です]、または [全員がレコーディングしています] というメッセージが表示されます。他のユーザーが記録中の場合、メッセージを指し示すと、レコーディングを開始したユーザーを確認できます。

ページの先頭へ

レコーディングを停止して保存する

レコーディングを停止すると、Lync は自動的にレコーディングを保存します。最初の設定では、レコーディングはお使いのコンピューターの C:\Users\<自分のユーザー名>\Lync Recordings フォルダーに保存されます。Lync にはレコーディングの Windows Media バージョンを作成するオプションも用意されており、このバージョンをネットワーク上の場所に保存することで他のユーザーに公開できます。SharePoint Server 2010 または SharePoint Online とその適切な権限がある場合は、Microsoft SharePoint アセット ライブラリにレコーディングを保存できます。

注:  公開可能な Windows Media バージョンのレコーディングを作成する予定があり、元の Lync セッション内の特定のコンテンツのサイズが非常に大きい場合 (ホワイト ボードのサイズが大きい、IM セッションが長い、デュアル モニターを共有しているなど)、完成したビデオのコンテンツが読み取りにくくなる可能性があります。また、レコーディングのインスタント メッセージング部分に含まれるインク メッセージは、完成したビデオの幅が制限されているため、通常、切り捨てられます。

  1. [会議] ウィンドウまたは [会話] ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。

    • [その他のオプション] をクリックし、[レコーディングの停止] をクリックします。

    • メニュー バーで [操作] をクリックし、[レコーディングの停止] をクリックします。([操作] メニューを表示できない場合は、[その他のオプション]、[メニュー バーの表示] の順にクリックします。)

    • [会話] ウィンドウまたは [会議] ウィンドウの下部にある [レコーディングの停止] を使います。

  2. [レコーディングの停止] ダイアログ ボックスが表示されます。レコーディングの名前を変更するには、[レコーディング タイトル] で新しい名前を入力します。

  3. レコーディングの Windows Media バージョンを作成するには、[公開] で、[他の人に公開できるバージョンも作成する (.wmv)] の横のチェック ボックスをオンにします。

  4. 公開するビデオに含めるコンテンツの種類を選ぶには、[オプション] をクリックします。[ビデオのコンテンツ] では、含めるコンテンツの種類の横のチェック ボックスをオンにします。(あるコンテンツの種類を利用できない場合、そのコンテンツの種類は元々 Lync セッションに含まれていません。) 次に、[OK] をクリックします。

  5. レコーディングの Windows Media バージョンの場所を変更するには、[保存先] で次のいずれかの操作を行います。

    • [参照] をクリックし、ビデオの保存先フォルダーに移動します。

    • テキスト ボックスに、SharePoint Server 2010 アセット ライブラリの URL などの Web アドレスを貼り付けます。

注:  SharePoint Server 2010 へのファイルのアップロードで問題が発生した場合は、SharePoint の管理者に依頼して、最初に設定された最大アップロード サイズ (50 MB) とアップロードのタイムアウト値の両方を大きくしてもらいます。

  1. [OK] をクリックします。

注:  直接、Microsoft Lync レコーディング マネージャーに移動して、レコーディングを管理または再生するには、[レコーディングの管理] をクリックします。

ページの先頭へ

レコーディングを再生する

Lync レコーディング マネージャーを開いて、作成したレコーディングを再生できます。レコーディングを Microsoft Lync レコーディング プレーヤーで開いて、ここから参照することができます。

  1. レコーディング マネージャーを開くには、次のいずれかの操作を行います。

  2. [その他のオプション] をクリックし、[レコーディングの管理] をクリックします。

    • [スタート] をクリックし、[すべてのプログラム]、[Microsoft Lync]、[Microsoft Lync レコーディング マネージャー] の順にクリックします。

    • Lync のメニュー バーで [操作] をクリックし、[レコーディング マネージャー] をクリックします。([操作] メニューを表示できない場合は、[その他のオプション]、[メニュー バーの表示] の順にクリックします。)

  3. レコーディング マネージャーで、レコーディングをクリックし、[再生] をクリックします。

他のユーザーがレコーディングの Windows Media バージョンを公開し、ネットワーク上の場所または SharePoint サイトに置いている場合、そのレコーディングを開いて Windows Media Player で再生することができます。最高のパフォーマンスを得るために、お使いのコンピューターに Windows Media レコーディングを保存し、そこから再生することをお勧めします。

ページの先頭へ

他のユーザーと共有できるレコーディングのバージョンを作成する

Lync レコーディング全体または一部を Windows Media ファイル形式で保存し、その Windows Media ビデオを共有ネットワーク上の場所または SharePoint Server 2010 アセット ライブラリに公開することで、他のユーザーがレコーディングを使えるようになります。レコーディングの Windows Media バージョンを作成するには、2 つの方法があります。つまり、レコーディングを停止して保存するときに自動的に作成するか (詳細については、このトピックの前にある「レコーディングを停止して保存する」をご覧ください)、または後でレコーディング マネージャーを使って作成できます (詳細については、「Lync レコーディング マネージャーでのレコーディングの管理」をご覧ください)。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×