Lync 2010 Attendee での着信音と効果音オプションの設定

[オプション] ダイアログ ボックスを使用して、電話の着信音や、通知などの効果音を設定できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

着信音と効果音オプションを表示する

通話に着信音を設定する

効果音オプションを選択する

特定の効果音を設定する

着信音と効果音オプションを表示する

[着信音と効果音] オプションは、次のいずれかの方法で表示できます。

  • 会議に参加する前であれば、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[Microsoft Lync 2010 Attendee]、[着信音と効果音] の順にクリックします。[Lync Attendee - オプション] ダイアログ ボックスで、[着信音と効果音] をクリックします。

  • 会議中であれば、必要なときに [オプション] ボタンをクリックし、[着信音と効果音] をクリックします。

ページの先頭へ

通話に着信音を設定する

Microsoft Lync 2010 Attendee 通信ソフトウェアでは着信音を選択できます。通話の種類ごとに異なる着信音を指定することができます。また、効果音を鳴らす状況も指定できます。

  • 着信音と効果音オプションの [着信音] の [呼び出し先] ボックスの一覧で、着信音を適用する通話の種類をクリックします。

  • [着信音] ボックスの一覧で、目的の着信音をクリックします。着信音が再生され、確認することができます。

ページの先頭へ

効果音オプションを選択する

既定では、特定のイベントで効果音が鳴るようになっています。

[着信音と効果音] オプションの [効果音] で [Lync で効果音を鳴らす (通知および IM 通知の着信音を含む)] チェック ボックスがオンになっている場合、電話が鳴ると、Attendee によって、選択された着信音が鳴ります。IM 通知の着信音は鳴らさないようにするには、[IM 会話の表示中、IM 通知の着信音は鳴らさない] チェック ボックスをオンにします。また、[効果音] ダイアログ ボックスで、選択した効果音を聴くこともできます ([効果音設定] をクリックして設定を変更できます)。

Attendee のすべての効果音を停止するには、[Lync で効果音を鳴らす (通知および IM 通知の着信音を含む)] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

特定の効果音を設定する

特定の効果音を設定するには、次の操作を行います。

  1. [着信音と効果音] オプションの [効果音] で [効果音の設定] をクリックします。

  2. [効果音] タブの [プログラム イベント] ボックスの一覧で、[Microsoft Lync 2010 Attendee] まで下にスクロールします。

  3. [Microsoft Lync 2010 Attendee] で、イベント ([通話の終了] など) をクリックします。

  4. [効果音] ボックスの一覧で、サウンド ファイルをクリックします。試聴するには、[テスト] をクリックします。

[効果音の設定] は複数のタブで構成され、そのうちの 1 つに、上記で説明した [効果音] タブがあります。オンライン 会議で最適と考えられる効果音設定の組み合わせが自動的に選択されますが、[再生] タブ (スピーカーなど) または [レコーディング] タブ (マイクなど) で、カスタマイズができます「。

4 つ目の [通信] タブでは、通知などの通信アクティビティが検出されたときに何を行うかを指定します。コンピューターを電話として使用している場合、さまざまな効果音の音量は、次の選択内容に従って自動的に調整されます。

  • 他のすべてのサウンドをミュートする

  • 他のすべてのサウンドの音量を 80% 下げる

  • 他のすべてのサウンドの音量を 50% 下げる

  • 何もしない

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×