Lync 2010 Attendee での個人オプションの設定

[個人] オプションにより、会議での自分がどのように表示されるかを指定したり、電話番号を追加または変更したり、電話会議で使用するオーディオ デバイスの確認や変更を行ったりすることができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

個人オプションを表示する

会議への参加方法を選択する

電話番号を設定または変更する

電話会議で使用するオーディオ デバイスを選択する

個人オプションを表示する

[個人] オプションを表示するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 会議に参加する前であれば、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[Microsoft Lync 2010 Attendee]、[個人] の順にクリックします。

  • 会議中であれば、必要なときに [オプション] ボタンをクリックし、[個人] をクリックします。

ページの先頭へ

会議への参加方法を選択する

Microsoft Lync 2010 Attendee 会議への参加方法を指定する必要があります。この情報はいつでも変更できます。会議への参加方法は 2 つあります。個人オプションの [会議への参加方法] で、次のいずれかの操作を行います。

  • [会社の資格情報を使用して参加] チェック ボックスをオンにして、[サインイン アドレス] ボックスに会社の電子メール アドレスを入力します。

  • [ゲストとして参加] チェック ボックスをオンにして、会議で表示される名前を入力します。たとえば、フル ネーム、姓、名の頭文字などを指定します。

ページの先頭へ

電話番号を設定または変更する

個人オプションで、1 つ以上の電話番号を追加したり変更したりできます。この設定を行うには、[勤務先電話]、[携帯電話]、[自宅電話]、または [その他の電話] の各ボックスに該当する電話番号を入力します。これらの電話番号は、[電話会議に参加する電話番号] ドロップダウン リストから選択できる電話番号になります。詳細については、次のセクションを参照してください。

ページの先頭へ

電話会議で使用するオーディオ デバイスを選択する

個人オプションの [電話会議への参加] で [電話会議に参加する電話番号] ドロップダウン リストをクリックすると、入力した電話番号が表示され、これが Lync Attendee への入り口になります。Lync Attendee を選択すると、統合された音声とビデオを使用して参加することになります。この場合は、コンピューターの既定の音声デバイスが使用されます。

また、ここでは、オーディオ ソースを承認するか、別のオーディオ ソースを選択するかを確認するメッセージが表示されるようにするチェック ボックスをオンまたはオフにすることができます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×