Lync 2010 Attendee でのビデオ デバイス オプションの設定

Microsoft Lync 2010 Attendee は、Web カメラを含め、コンピューターに接続されているすべての通信デバイスを検出します。 Lync 2010 Attendee のインストール後も、デバイスの追加や切り替えができます。Web カメラは、ビデオ通話を発信する場合には必要ですが、ビデオ通話を受信する場合には必要ありません。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

ビデオ デバイス オプションを表示する

Web カメラを設定する

ビデオ デバイス オプションを表示する

[ビデオ デバイス] オプションを表示するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 会議に参加する前であれば、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[Microsoft Lync 2010 Attendee]、[ビデオ デバイス] の順にクリックします。

  • 会議中であれば、[設定]、[オプション]、[ビデオ デバイス] の順にクリックします。

ページの先頭へ

Web カメラを設定する

[ビデオ デバイス] オプションの画面では、Web カメラがコンピューターに正しく接続されている場合、ビデオの絵が表示されます。別の Web カメラを使用する場合や、Web カメラの設定を調整する場合は、次の操作を行います。

  1. 複数のデバイスが接続されている状態で、別のデバイスに切り替える場合は、ドロップダウン リストから、切り替え先のデバイスを選択します。1 つしかデバイスが接続されていない場合、ドロップダウン リストにはそのデバイスのみが表示されます。

  2. カラー バランス、コントラスト、明度などの設定を調整したり白黒モードに切り替えたりしたい場合は、[Web カメラ設定] ボタンをクリックし、設定を調整してから、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×