Lync 2010 のレコーディング形式

Microsoft Lync 2010 通信ソフトウェアのレコーディング形式には、レコーディングを作成した発表者がレコーディングを提示するための豊富な機能が用意されています。Microsoft Lync 2010 Recording Manager を使用すると、Lync 2010 レコーディングの音声、ビデオ、インスタント メッセージング (IM) の会話、アプリケーション共有、Microsoft PowerPoint プレゼンテーション、ホワイトボード、および投票を、Lync 2010 で実際に会議や会話が行われたときと同じように表示できます。また、Lync 2010 レコーディングを部分的に表示したい場合は、これらの機能を任意に非表示にすることもできます。インデックスにより、特定の話者の会話のみを聴いたり、特定のコンテンツを表示したりすることもできます。また、参加者のリストにアクセスしたり、添付ファイルをダウンロードしたりすることもできます。

Lync 2010 はレコーディングを既定の場所 C:\Users\username\Lync Recordings に保存します。この場所は、Lync 2010 で変更できます。

レコーディングを保存する場所を指定するには、次の手順を実行します。

  1. Lync メイン ウィンドウで、[オプション] ボタン [オプション] をクリックして、[ファイルの保存] をクリックします。

  2. [Lync レコーディング] の下の [参照] をクリックします。

  3. レコーディングを保存するフォルダーに移動して、[OK] をクリックします。

他のユーザーもレコーディングを使用できるようにする場合は、すべて、または一部の Lync 2010 レコーディングを Windows Media ファイル形式で保存できます。このオプションによって、レコーディングされた共有予定のすべての内容が単一の Windows Media ビデオに統合され、他の人々に公開できるようになります。レコーディングの Windows Media バージョンは、Lync Recording Manager 内で作成できます。詳細については、「Recording Manager」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×