Lync 2010 での会議のレコーディングと再生

組織でレコーディングを有効にしている場合は、Microsoft Lync 2010 通信ソフトウェアの会話または会議をレコーディングできます。レコーディングでは、Lync 2010 セッションの音声、ビデオ、インスタント メッセージング (IM)、アプリケーション共有、Microsoft PowerPoint プレゼンテーション、ホワイトボード、および投票部分をキャプチャして、Lync の会話や会議で行われたとおりにそれらを再生できます。

また、Lync レコーディングのすべてまたは一部を Windows Media 形式で保存して、他の人がレコーディングを利用できるようにすることもできます。このオプションでは、共有するレコーディングされたコンテンツがすべて 1 つの Windows Media ビデオに統合されます。既定では、このビデオはユーザーのコンピューターに保存されますが、ネットワーク上の場所や Microsoft SharePoint Server 2010 資産ライブラリに保存して、他の人と共有することもできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

レコーディングに含める内容を確認する

会話または会議をレコーディングする

会話または会議をレコーディングしている人を確認する

レコーディングを停止して保存する

レコーディングを再生する

他の人と共有できるバージョンのレコーディングを作成する

レコーディングに含める内容を確認する

Lync の会話または会議中でも、レコーディングを開始する前であれば、レコーディングに含めるコンテンツのタイプを選択できます。会話や会議の進行中にこれらのオプションを設定するには、会議または [会話] ウィンドウで [レコーディング オプション] を開きます。変更内容は、現在の会話または会議に適用されます。以降の会話または会議では、これらのオプションは既定の設定に戻ります。

注: 公開用の Windows Media 形式のレコーディングを作成する際には、元の Lync セッション内に非常に大きいコンテンツがあった場合 (非常に大きいホワイトボード、長い IM セッション、デュアル モニター共有など)、そのコンテンツは、完成ビデオ上で読み取りにくくなる可能性があることに注意してください。また、レコーディングの IM 部分のインク メッセージは、通常、完成ビデオの制限幅により、部分的に切り取られます。

  1. 会議または [会話] ウィンドウで、メニュー バーの [設定] をクリックします ([設定] メニューが表示されていない場合は、[詳細オプション] ボタンをクリックし、[メニュー バーの表示] をクリックします)。

  2. [レコーディング オプション] をクリックします。

  3. [Lync – レコーディング オプション] ダイアログ ボックスで、現在の Lync レコーディングに含めるコンテンツ タイプの隣のチェック ボックスをオンにします。コンテンツ タイプが使用できない場合、組織がそのコンテンツのレコーディングを許可していない可能性があります。

  1. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

会話または会議をレコーディングする

1 対 1 の個人間で Lync 会話を行っている場合は、各参加者の組織でレコーディングが許可されていれば、レコーディングを開始できます。通常の電話を使っている人との会話はレコーディングできません。Lync 会議を行っているときは、発表者および会議を予約または開始した人が許可すれば、レコーディングを開始できます。

  1. 会議を開始するには、会議または [会話] ウィンドウで、次の手順のいずれかを実行します。

    • [詳細オプション] をクリックし、[レコーディングの開始] をクリックします。

    • メニュー バーで、[操作] をクリックし、[レコーディングの開始] をクリックします([操作] メニューが表示されていない場合は、[詳細オプション] ボタンをクリックし、[メニュー バーの表示] をクリックします)。

  2. レコーディングが進行中の間に、ウィンドウの下部にあるコントロールを使用して、レコーディングを一時停止、再開、または停止できます。

ページの先頭へ

会話または会議をレコーディングしている人を確認する

レコーディングが進行中の間、[自分でレコーディング中]、[他の人がレコーディング中]、または [自分と他の人がレコーディング中] というメッセージが、会議または [会話] ウィンドウの下部に表示されます。他の人がレコーディング中の場合は、メッセージをポイントすると、誰がレコーディングを開始したか確認できます。

ページの先頭へ

レコーディングを停止して保存する

レコーディングを停止すると、レコーディングは自動的に保存されます。既定では、レコーディングはユーザーのコンピューターの C:\Users\<your user name>\Lync Recordings フォルダーに保存されます。また、ネットワーク上の場所に保存して他の人に公開できるように、Windows Media 形式のレコーディングを作成するためのオプションもあります。SharePoint Server 2010 を使用し、適切な権限がある場合は、レコーディングを Microsoft SharePoint 資産ライブラリに保存できます。

注: 公開用の Windows Media 形式のレコーディングを作成する際には、元の Lync セッション内に非常に大きいコンテンツがあった場合 (非常に大きいホワイトボード、長い IM セッション、デュアル モニター共有など)、そのコンテンツは、完成ビデオ上で読み取りにくくなる可能性があることに注意してください。また、レコーディングのインスタント メッセージング部分のインク メッセージは、通常、完成ビデオの制限幅により、部分的に切り取られます。

  1. 会議または [会話] ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。

    • [詳細オプション] をクリックし、[レコーディングの停止] をクリックします。

    • メニュー バーで、[操作] をクリックし、[レコーディングの停止] をクリックします ([操作] メニューが表示されていない場合は、[詳細オプション] ボタンをクリックし、[メニュー バーの表示] をクリックします)。

    • 会話または会議ウィンドウの下部にある [レコーディングの停止] ボタンをクリックします。

  2. [レコーディングの停止] ダイアログ ボックスを表示します。レコーディングの名前を変更するには、[レコーディング タイトル] に新しい名前を入力します。

  3. Windows Media 形式のレコーディングを作成するには、[公開] で、[他のユーザーと共有できるバージョンも作成する (.wmv)] の横にあるチェック ボックスをオンにします。

  4. 公開されるビデオに含めるコンテンツ タイプを選択するには、[オプション] をクリックします。[ビデオ内のコンテンツ] で、含めるコンテンツ タイプの隣にあるチェック ボックスをオンにします (コンテンツ タイプが使用できない場合、そのコンテンツ タイプは Lync セッションに最初から含まれていません)。[OK] をクリックします。

  5. Windows Media 形式のレコーディングの保存場所を変更するには、[保存先] で、次のいずれかの操作を行います。

    • [参照] をクリックし、ビデオを保存するフォルダーを指定します。

    • テキスト ボックスに、SharePoint Server 2010 資産ライブラリの URL などの Web アドレスを貼り付けます。

注:  SharePoint Server 2010 にファイルをアップロードできない場合は、既定のアップロード最大サイズ (既定では 50 MB) およびアップロード タイムアウトの、両方の設定を大きくするように SharePoint 管理者に依頼してください。

  1. [OK] をクリックします。

注:  Microsoft Lync 2010 Recording Manager に直接移動して、レコーディングを再生するには、[レコーディングの管理] をクリックします。

ページの先頭へ

レコーディングを再生する

レコーディングを再生するには、Lync Recording Manager を開きます。レコーディングは Microsoft Lync 2010 Recording Player で開き、そこから表示できます。

  1. Lync Recording Manager を開くには、次のいずれかの操作を行います。

  2. [詳細オプション] をクリックし、[レコーディングの管理] をクリックします。

    • [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[Microsoft Lync]、[Microsoft Lync Recording Manager] の順にクリックします。

    • Lync のメニュー バーで、[操作] をクリックし、[Recording Manager] をクリックします。([操作] メニューが表示されていない場合は、[詳細オプション] ボタンをクリックし、[メニュー バーの表示] をクリックします)。

  3. Recording Manager で、レコーディングをクリックし、[再生] をクリックします。

他の人が Windows Media 形式のレコーディングを公開し、ネットワーク上の場所または SharePoint サイトに保存している場合は、レコーディングを開いて Windows Media Player で再生できます。最適なパフォーマンスを得るには、Windows Media レコーディングを自分のコンピューターに保存して、そこから再生することをお勧めします。

ページの先頭へ

他の人と共有できるバージョンのレコーディングを作成する

Windows Media ファイル形式で Lync レコーディングのすべてまたは一部を保存し、Windows Media ビデオを共有ネットワーク上の場所または SharePoint Server 2010 の資産ライブラリに公開することで、レコーディングを他のユーザーと共有できます。Windows Media 形式のレコーディングを作成するには、2 つの方法があります。1 つはレコーディングを停止して保存するときに自動的に作成する方法で (詳細については、このトピックの「レコーディングを停止して保存する」を参照)、もう 1 つは Recording Manager で後から作成する方法です (詳細については、「Recording Manager」を参照)。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×