Lync 会議を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Lync 会議をスケジュールに追加するには、Outlook の予定表を使用します。会議の URL や、会議への参加方法などを含めた出席依頼を参加者に自動的に送信することもできます。さらに、出席者のリストを管理したり、時間と場所を設定したり、会議出席依頼に回答したりすることもできます。

注: これは、Lync の使い方です。Skype for Business を使用している場合は、こちらをクリックしてください。

既存の会議に Lync を追加する

会議を既に設定した後でも、出席できないユーザーのために Lync の情報を追加することができます。

  1. 予定表から会議を開き、[会議] または [定期的な会議] タブで [Lync 会議] をクリックします。Lync の詳細が会議の招待状に追加されます。

  2. [送信] をクリックすると、Lync の詳細を含む更新後の会議出席依頼がすべての出席者に送信されます。

注: Lync は、1 つの会議または定期的な会議すべてに追加することができます。定期的な会議のうちの 1 回だけに追加することはできません。その場合は、会議のインスタンスを 1 つ作成して Lync を追加します。

新しい Lync 会議を設定する

  1. Outlook の画面の下部にある [予定表] タブをクリックします。

    画面の下部にある [予定表] タブをクリックします。
  2. [新しい Lync 会議] をクリックします。

    [新しい Lync 会議] をクリックします。

    Lync の情報が会議出席依頼の本文に追加されます。

  3. 招待する人、件名、場所 (会議の物理的な場所を含めたい場合)、添付ファイル、時間などの会議の詳細情報を追加します。

  4. 会議の出席依頼の本文に、議題などの他の会議の情報を追加して [送信] をクリックします。

    Outlook があなたの予定表に会議を追加し、リスト内のすべてのユーザーに会議の URL と参加方法を含めた会議出席依頼を送信します。受信したユーザーは、会議出席依頼を承諾または拒否することができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Outlook で Skype for Business 会議を設定する

Lync 2013 を使って会議に参加する

Enable Lync Meetings in Outlook (Outlook で Lync 会議を有効化する)

Check your Exchange account in Outlook (Outlook で Exchange アカウントを確認する)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×