Lync レコーディング プレーヤーを使う

Microsoft Lync 2010 レコーディング プレーヤー通信ソフトウェアは、レコーディングを作成した発表者にさまざまな表示方法を提供します。Lync レコーディング プレーヤーでは、Microsoft Lync Online レコーディングの音声、ビデオ、インスタント メッセージング (IM) の会話、アプリケーションの共有、Microsoft PowerPoint のプレゼンテーション、ホワイトボード、投票の各部分に、Microsoft Lync Online の会議または会話で実際に行われたとおりにアクセスすることができます。また、Lync Online レコーディングの他の部分に注目できるように、これらの機能を隠すこともできます。インデックスを付けると、特定の発表者またはビュー固有のコンテンツを聞くことができます。また、出席者の一覧にアクセスしたり、添付ファイルをダウンロードしたりできます。

この記事の内容

Lync レコーディング プレーヤーを開始する

再生コントロールを使う

Lync レコーディング プレーヤーを開始する

Lync レコーディング プレーヤーは、Microsoft Lync 2010 レコーディング マネージャーから開くことができます。

注:  Lync レコーディング プレーヤーを使ってレコーディングを再生するには、Lync Online がインストールされている必要があります。

  1. Lync レコーディング マネージャーを開くには、次のいずれかの操作を行います。

    • [スタート] をクリックし、[すべてのプログラム]、[Microsoft Lync]、[Microsoft Lync 2010 Recording Manager] の順にクリックします。

    • Lync メイン ウィンドウで、[ツール] をクリックし、[レコーディング マネージャー] をクリックします。

注:  [ツール] オプションが表示されない場合は、[オプション] ボタン ( [オプション] ) の横にある矢印をクリックし、[メニュー バーの表示] をクリックします。

  1. Lync レコーディング マネージャーで、レコーディングをクリックし、[再生] をクリックします。Lync レコーディング プレーヤーが開きます。

ページの先頭へ

再生コントロールを使う

レコーディングの再生中に、再生を制御したり、レコーディングのさまざまな部分にアクセスしたりするには、次のコントロールを使います。

  • 会議中に利用可能になっていた元々の会議の参加者と添付ファイルの一覧の表示と非表示を切り替えるには、[情報と添付ファイル] をクリックします。

  • 共有コンテンツの特定の部分または特定の発表者に移動するには、[コンテンツ共有と参加者の会話] をクリックし、インデックス ウィンドウの表示と非表示を切り替えます。

  • レコーディング内を前後に移動するには、プレーヤーの下部にあるスライダーをクリックしてドラッグします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×