Lync レコーディング オプションの設定

Microsoft Lync 2010 の会議または会話を録音する前に、レコーディングに含めるコンテンツ タイプを選択できます。これらのオプションは、Lync 2010 の会議または会話の実行中に、会議または会話ウィンドウで [レコーディング オプション] を開くことにより設定できます。

この記事の内容

レコーディング オプションを開く

レコーディング オプションを設定する

Recording Manager を使用する

レコーディング オプションを開く

Lync 2010 の会議または会話中に、会議または会話ウィンドウ内からレコーディング オプションを開くことができます。

  1. Lync の会議または会話ウィンドウで、メニュー バーの [設定] をクリックします。

注:  [設定] メニューが表示されていない場合は、[詳細オプション] ボタンをクリックし、[メニュー バーの表示] をクリックします。

  1. [レコーディング オプション] をクリックします。

ページの先頭へ

レコーディング オプションを設定する

  1. [Lync – レコーディング オプション] ダイアログ ボックスで、Lync 2010 レコーディングに含めるコンテンツ タイプの隣のチェック ボックスをオンにします。

注: 公開用の Windows Media 形式のレコーディングを作成する際には、元の Lync 2010 セッション内に非常に大きいコンテンツがあった場合 (非常に大きいホワイトボード、長いインスタント メッセージング (IM) セッション、デュアル モニター共有など)、そのコンテンツは、完成ビデオ上で読み取りにくくなる可能性があるに注意してください。また、レコーディングの IM 部分のインク メッセージは、通常、完成ビデオの制限幅により、部分的に切り取られます。

  1. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

Recording Manager を使用する

Microsoft Lync Recording Manager を使用して、録音した Lync 2010 の会話および会議を管理できます。

Recording Manager を開くには、次の操作を行います。

  • [Lync – レコーディング オプション] ダイアログ ボックスで、[レコーディングの管理] をクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×