Lookup ウィザードを使用して、検索数式を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 2003 ユーザーへの重要なお知らせ    Office のセキュリティ更新プログラムを引き続き受信するため、Office 2003 Service Pack 3 (SP3) を実行していることを確認してください。Office 2003 のサポートは 2014 年 4 月 8 日に終了しました。サポートの終了後も Office 2003 を実行している場合、Office の重要なセキュリティ更新プログラムをすべて受信するには、Office 365 や Office 2013 などの新しいバージョンにアップグレードする必要があります。詳細については、「Office 2003 のサポートは終了しました」を参照してください。

Excel 2007 および Excel 2003 の Lookup ウィザードでは、行ラベルと列ラベルを含むワークシートのデータに基づいて検索数式を作成できます。 Lookup ウィザードを使用すると、1 つの列 (または行) の値がわかっている場合に、行 (または列) の他の値を検索できます。 Lookup ウィザードでは、作成する式に INDEX と MATCH が使用されます。

ウィザードでは、Excel 2010 に付属ありません。これは関数ウィザードを使用できる検索/行列関数 (リファレンス)置き換えされています。

Excel 2007 で Lookup ウィザードを使用する

  1. セル範囲内のセルを 1 つクリックします。

  2. [数式] タブの [ソリューション] で、[ルックアップ ] をクリックします
    ルックアップコマンドを使用できない場合は、ルックアップ ウィザードのアドイン プログラムを読み込むには、次の操作します。

    1. Office ボタンの画像Microsoft Office ボタンをクリックして、 Excel のオプション] をクリックし、[アドイン] カテゴリ] をクリックします。

    2. [管理] ボックスの一覧の [Excel アドイン] をクリックし、[検索] をクリックします。

    3. [有効なアドイン] ダイアログ ボックスで、[Lookup ウィザード] の横のチェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

  3. ウィザードに表示される指示に従って操作します。

 ページの先頭へ

Excel 2003 で Lookup ウィザードを使用する

  1. [ツール] メニューの [アドイン] をクリックし、[Lookup ウィザード] の横のチェック ボックスをクリックします。次に、[OK] をクリックします。

  2. セル範囲内のセルを 1 つクリックします。

  3. [ツール] メニューの [Lookup] をクリックします。

  4. ウィザードに表示される指示に従って操作します。

ページの先頭へ

Excel 2010 の Lookup ウィザードについて

ウィザードでは、Excel 2010 に付属ありません。この機能は使用できる検索/行列関数 (参照)関数ウィザードで置き換えられました。

このウィザードによって生成された数式は、Excel 2010 でも動作します。 これらの数式は、別の方法を使用して編集できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×