Log 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

指定した数値の自然対数を、倍精度浮動小数点数型 (Double) で返します。

構文

Log( number )

必須の number引数は、0 を超える Double または有効な 数値式 です。

解説

自然対数は、e を底とする対数です。定数e は約 2.718282 です。

任意の数値 x の base-n 対数を計算するには、次のように x の自然対数を n の自然対数で割ります。

Logn(x) = Log(x) / Log(n)

次の例は、base-10 対数を計算するカスタムを示します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

Static Function Log10(X)
Log10 = Log(X) / Log(10#)
End Function

この例では、Log 関数を使用して数値の自然対数を返します。

Dim MyAngle, MyLog
' Define angle in radians.
MyAngle = 1.3
' Calculate inverse hyperbolic sine.
MyLog = Log(MyAngle + Sqr(MyAngle * MyAngle + 1))

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×