Live Meeting レコーディング マネージャ

Live Meeting には、ミーティングのすべてのキーボード操作、スライド、ビデオ、およびオーディオをキャプチャできるレコーディング機能があります。ミーティングを記録してレコーディングを保存した後、Live Meeting レコーディング マネージャで、レコーディングの処理時間を設定できます。

[保留中の記録] では、レコーディングの公開の状態を表示できます。[最近のレコーディング] では、最近のレコーディングのプロパティを表示できます。

レコーディングの処理時間を設定するには

メニュー バーの [処理] をクリックし、次のいずれかを選択します。

  • [すぐにレコーディングを処理する (パフォーマンスに影響する可能性があります)] 

  • [コンピュータのアイドル時にレコーディングを処理する] 

  • [再通知] これを選択後、レコーディングの公開処理を一時停止する時間を選択または入力します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×