ListIndex プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対象

ComboBox オブジェクト

ListBox オブジェクト

ListIndex プロパティを使用して、リスト ボックスまたはコンボ ボックスで選択されている項目を識別できます。値の取得および設定が可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。

expression.ListIndex

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

解説

ListIndex プロパティの設定値は、0 ~ (リスト ボックスまたはコンボ ボックスにある項目の総数 - 1) の整数値です。リスト ボックスまたはコンボ ボックスのリスト ボックスの部分で項目が選択されると、Microsoft Office Access 2007 が ListIndex プロパティの値を設定します。一覧の最初の項目が選択されているときの ListIndex プロパティの値は 0、2 番目の項目が選択されているときは 1 で、以降も同様です。

このプロパティは、使っているマクロ Visual Basic for Applications (VBA) コードによってのみします。フォーム ビューとデータシート ビューだけでこのプロパティを閲覧することができます。このプロパティは読み取り専用と、その他のビューでは使用できません。

また、コンボ ボックスまたはリスト ボックスの "BoundColumn/連結列" プロパティを 0 に設定することにより、ListIndex プロパティの値を使用できます。"BoundColumn/連結列" プロパティを 0 に設定すると、フォームの基になるテーブル フィールドのうち、コンボ ボックスまたはリスト ボックスが連結しているフィールドに ListIndex プロパティと同じ値が適用されます。

リスト ボックスには、ユーザーがコントロールから複数の項目を選択できる複数選択プロパティが設定されてもします。複数の選択範囲が行われるとリスト ボックスで、選択したコントロールのプロパティを使用して、選択されたアイテムを確認できます。選択したプロパティは、1- ListCountプロパティの値に 0 値の配列です。選択リスト ボックス内の各項目のプロパティになります条件を満たす項目が選択されている場合、 Falseが選択されていない場合。

ItemsSelected コレクションを使っても、リスト ボックスまたはコンボ ボックスの選択された行にあるデータにアクセスできます。

使用例

ListIndex プロパティの値を取得するには、次の構文を使用します。

Dim l As Long
l = Forms(formname).Controls(controlname).ListIndex

ListIndex プロパティの値を設定するには、次の構文を使用します。

Forms(formname).Controls(controlname).SetFocus
Forms(formname).Controls(controlname).ListIndex = index

formname はフォームの名前、controlname はリスト ボックス コントロールまたはコンボ ボックス コントロールの名前で、文字列型 (String) の値を使用します。index は項目のインデックス値です。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×