Like 演算子

文字列式 を SQL 式内のパターンと比較します。

構文

expression Likepattern

Like 演算子の構文には次の引数があります。

引数

説明

expression

WHERE 句で使用される SQL 式。

pattern

expression の比較対象の文字列またはリテラル文字列。


解説

Like 演算子を使用して、指定したパターンに一致するフィールド内の値を検索できます。pattern には完全な値 (Like “Smith” など) を指定することも、ワイルドカード文字 を使用して値の範囲 (Like “Sm*”) など) を検索することもできます。

式で Like 演算子を使用すると、フィールド値を文字列式と比較できます。たとえば、SQL クエリで Like “C*” を入力すると、クエリは C の文字で始まるすべてのフィールド値を返します。パラメーター クエリ では、検索するパターンの入力をユーザーに求めることができます。

次の例は、P の文字で始まり、A から F のいずれかの文字と 3 桁の数字が続くデータを返します。

Like “P[A-F]###”

次の表は、さまざまなパターンの式をテストするための Like の使用方法を示しています。


一致の種類


パターン

一致
(True を返す)

一致なし
(False を返す)

複数の文字

a*a

aa、aBa、aBBBa

aBC

*ab*

abc、AABB、Xab

aZb、bac

特殊文字

a[*]a

a*a

aaa

複数の文字

ab*

abcdefg、abc

cab、aab

1 つの文字

a?a

aaa、a3a、aBa

aBBBa

1 つの数字

a#a

a0a、a1a、a2a

aaa、a10a

文字の範囲

[a-z]

f、p、j

2、&

範囲外

[!a-z]

9、&、%

b、a

非数字

[!0-9]

A、a、&、~

0、1、9

結合

a[!b-m]#

An9、az0、a99

abc、aj0



スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×