LTrim 関数、RTrim 関数、および Trim 関数

LTrim 関数、RTrim 関数、および Trim 関数

先頭のスペース (LTrim)、末尾のスペース (RTrim)、または先頭と末尾の両方のスペース (Trim) をないようにして、指定した文字列のコピーを、バリアント型 (String) で返します。

構文

LTrim ( string )

RTrim ( string )

Trim( string )

必須の string引数 は、任意の有効な文字列式です。string が Null の場合は、Null 値が返されます。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、LTrim 関数を使用して先頭のスペースを削除し、RTrim 関数を使用して文字列変数から末尾のスペースを削除します。両方の種類のスペースを削除するには、Trim 関数を使用します。

Dim MyString, TrimString
MyString = " <-Trim-> " ' Initialize string.
TrimString = LTrim(MyString)
' TrimString = "<-Trim-> ".
TrimString = RTrim(MyString)
' TrimString = " <-Trim->".
TrimString = LTrim(RTrim(MyString))
' TrimString = "<-Trim->".
' Using the Trim function alone
' achieves the same result.
TrimString = Trim(MyString)
' TrimString = "<-Trim->".
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×