LOOKUP 関数で範囲引数を使う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

VLOOKUP 関数または HLOOKUP 関数を作成する場合、D2:F39 などのようにセルの範囲を入力します。 この範囲は、範囲引数と呼ばれます。引数とは、関数を実行するのに必要なデータの一部です。 これらの関数で範囲引数を使うと、探しているデータがその範囲内で検索されます。

範囲引数は、常に VLOOKUP 関数または HLOOKUP 関数の 2 番目の引数 (1 番目は検索対象の値) であり、これがないと関数は機能しません。

1 番目の引数である検索対象の値は、"41" または "吉田" のような特定の値にすることも、F2 のようなセル参照にすることもできます。 1 番目の引数は次のようになります。

= VLOOKUP (F2 ...

範囲引数は、次のように常に参照値に続きます。

= VLOOKUP (F2 B4:D39、 ...

範囲引数にリストされているセル範囲は、相対的または絶対的なセル参照を使うことができます。 関数をコピーするのであれば、次のような絶対参照を使ってください。

= VLOOKUP (F2 $B$ 2:39 $BD ...

また、範囲引数内のセルは、ブック内の別のワークシートに存在しても構いません。 そのような場合は、引数にシートの名前が含まれ、次のような構文になります。

= VLOOKUP (F2、Sheet2! $C$ 14: E 42$ ...

シート名の後には感嘆符を付けましょう。

最後ですが、3 番目の引数には、検索対象の値を含む列を入力します。 これは、参照列と呼ばれます。 ここでの最初の例では、B4 から D39 という 3 つの列にわたって存在するセル範囲を使いました。 検索したい値が列 D に含まれるとします。つまり、セルの範囲の中では 3 番目の列なので、最後の引数は 3 になります。

=VLOOKUP(F2,B4:D39,3)

True または False という 4 番目の引数をオプションで使うことができます。 ほとんどの場合、False を使います。

True を使うか、4 番目の引数を空白のままにすると、関数は 1 番目の引数の値におよそ等しい値を返します。 前の例で説明すると、1 番目の引数が "吉田 " で、True を使うと、関数を実行した結果、"吉田"、"吉田茂" などが検索されます。 これとは反対に False を使うと、この関数は "吉田" に完全に一致する値のみ検索します。通常はこのような動作が望まれます。

True を使うとさらにややこしいことに、参照列 (3 番目の引数に指定した列) が昇順 (A から Z または最小数から最大数の順) に並べ替えられていないと、関数から正しくない結果が返される可能性があります。 これに関する詳細については、「VLOOKUP 関数とその他の関数を使って値を検索する」をご覧ください。

VLOOKUP 関数と HLOOKUP 関数の詳細については、次をご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×