LEFT JOIN 操作および RIGHT JOIN 操作

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

FROM 句の中で使用され、ソース テーブルのレコードを結合します。

構文

Table1の [左 |右] への参加table2
table1.field1compopr table2.field2

LEFT JOIN 操作および RIGHT JOIN 操作には、次の指定項目があります。

引数

説明

table1table2

結合するレコードのあるテーブルの名前。

field1field2

結合するフィールドの名前。両方のフィールドが同じデータ型で、格納されるデータが同じ種類である必要があります。ただし、同じ名前である必要はありません。

compopr

"="、"<"、">"、"<="、">="、"<>" などの比較演算子。


解説

左外部結合を作成するには、LEFT JOIN 操作を使用します。左外部結合では、結合する 2 つのテーブルのうち 2 番目 (右側) のテーブルに対応するレコードがなくても、1 番目 (左側) のテーブルのレコードがすべて追加されます。

右外部結合を作成するには、RIGHT JOIN 操作を使用します。右外部結合では、結合する 2 つのテーブルのうち 1 番目 (左側) のテーブルに対応するレコードがなくても、2 番目 (右側) のテーブルのレコードがすべて追加されます。

たとえば、[部署] テーブル (左側) と [社員] テーブル (右側) がある場合に、どの部署にも所属しない社員も含めた全社員を選択するには、RIGHT JOIN 操作を使用します。反対に、社員が配属されていない部署も含めたすべての部署を選択するには、LEFT JOIN 操作を使用します。

次の例では、[商品区分] テーブルと [商品] テーブルを "区分コード" フィールドで結合しています。このクエリでは、商品がまったくない商品区分も含めて、すべての商品区分の一覧が出力されます。

SELECT CategoryName, ProductName FROM Categories LEFT JOIN Products ON Categories.CategoryID = Products.CategoryID;

この例では、結合されるフィールドは "区分コード" フィールドですが、このフィールドは SELECT ステートメントで指定していないため、クエリの結果には含まれません。結合に使用したフィールドを含めるには、そのフィールド名を SELECT ステートメントで指定してください。上の例の場合は、フィールド名として "商品区分.区分コード" を指定します。

注: 

結合フィールドのデータが同じレコードのみを選択するクエリを作成するには、INNER JOIN 操作を使用します。

  • LEFT JOIN および RIGHT JOIN は、INNER JOIN の中にネストすることができます。しかし、INNER JOIN を LEFT JOIN または RIGHT JOIN の中にネストすることはできません。結合を他の結合にネストする方法の詳細については、「INNER JOIN 操作」のネストに関する説明を参照してください。

  • ON 句は複数連結できます。詳細については、「INNER JOIN 操作」の連結に関する説明を参照してください。

メモ型 (Memo) または OLE オブジェクト型 (OLE Object) のデータが格納されたフィールドを結合しようとすると、エラーが発生します。



注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×