Join 関数

配列に含まれる複数のサブ文字列を結合して、作成された文字列を返します。

構文

Join( sourcearray [, delimiter ] )

Join 関数構文の引数は次のとおりです。

引数

説明

sourcearray

必須。結合されるサブ文字列を含む 1 次元配列です。

delimiter

省略可能。戻された文字列のサブ文字列を分割するために使用される文字列の文字です。省略した場合、空白文字 (" ") が使用されます。delimiter が長さ 0 の文字列 ("") の場合、リスト内のすべてのアイテムは、区切り記号なしで連結されます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×