JavaScript を有効にする

Lync Web App と Office 365 はクラウドベースの技術なので、対話型のブラウザーの機能が必要となります。 この機能の一部は、JavaScript によって提供されます。 期待どおりに機能させるために、ブラウザーで JavaScript を有効にする必要がある場合があります。

JavaScript の有効化の手順は、ブラウザーごとに異なります。 次の一覧から使用しているブラウザーを選んで、有効にする方法をご確認ください。

JavaScript を有効にするブラウザー

Internet Explorer

Mozilla Firefox

Safari

Chrome

Internet Explorer

  1. [ツール]、[インターネット オプション] の順にクリックします。

  2. [セキュリティ] タブの [レベルのカスタマイズ] をクリックします。

  3. [スクリプト] セクションで、[アクティブ スクリプト] の [有効にする] をクリックします。

  4. ダイアログ ボックスが表示されたら、[はい] をクリックします。

ページの先頭へ

Mozilla Firefox

  1. Windows OS を実行している場合は、Firefox ウィンドウで [ツール]、[オプション] の順にクリックします。

    ヒント: Mac OS を実行している場合は、[Firefox] ドロップダウン リスト、[環境設定] の順にクリックします。

  2. [コンテンツ] タブで、[JavaScript を有効にする] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

Safari

  1. Windows OS を実行している場合は、[ツール]、[環境設定] の順にクリックします。

    ヒント: Mac OS を実行している場合は、[Safari] メニューの[環境設定] をクリックします。

  2. [環境設定]、[セキュリティ] タブの順にクリックします。

  3. [JavaScript を有効にする] チェック ボックスをオンにします。

  4. [閉じる] をクリックして、ブラウザーを更新します。

ページの先頭へ

Chrome

  1. ツール バーのレンチ アイコンをクリックします。

  2. [オプション]、[高度な設定] の順にクリックします。

  3. [プライバシー] セクションで、[コンテンツの設定] をクリックします。

  4. [JavaScript] セクションに移動し、[すべてのサイトで JavaScript の実行を許可する (推奨)] をクリックします。

  5. オプションのタブを閉じで、ブラウザーを更新します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×