JIS 関数

ここでは、Microsoft Excel の JIS 関数の書式および使用法について説明します。

説明

このヘルプ トピックに記載されている関数は、文字列内の半角 (1 バイト) の文字を全角 (2 バイト) の文字に変換します。この関数の名前および変換する文字は、使用する言語の設定によって異なります。

日本語では、文字列内の半角 (1 バイト) の英数カナ文字を全角 (2 バイト) の文字に変換します。

書式

JIS(文字列)

JIS 関数の書式には、次の引数があります。

  • 文字列    必ず指定します。文字列または変換する文字列を含むセルの参照を指定します。文字列に半角の英数カナ文字が含まれない場合は、文字列は変更されません。

使用例

=JIS("EXCEL") の変換結果は "EXCEL" となります。

=JIS(" Excel Excel Excel Excel ") の変換結果は " Excel Excel Excel Excel " となります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×