IsObject 関数

識別子 (Visual Basic) がオブジェクト変数を表しているかどうかを示すブール型 (Boolean) の値を返します。

構文

IsObject ( identifier )

identifier 引数は必ず指定します。変数の名前を指定します。

解説

IsObject は、バリアント データ型が VarTypevbObject であるかどうかを調べる場合に役立ちます。これは、バリアント型 Variant が実際にオブジェクトを参照しているか、それ以前に参照していた場合、または Nothing が含まれている場合です。

IsObject は、引数 identifier がオブジェクトまたは任意の有効なクラスの型を指定して宣言した変数である場合に真 (True) を返します。また、引数 identifier がバリアント型 (Variant) で、VarType 関数の vbObject 定数である場合、またはユーザー定義オブジェクトの場合にも、真 (True) を返します。それ以外の場合は、偽 (False) を返します。IsObject は、変数に Nothing が設定されている場合にも、真 (True) を返します。

エラー トラップを設定して、オブジェクトへの参照が有効であるかどうかを確認します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、IsObject 関数を使用して、識別子がオブジェクト変数を表しているかどうかを調べます。MyObject および YourObject は、同じ型のオブジェクト変数です。これらは、例示目的でのみ使用される汎用的な名前です。

' Declare variables.
Dim MyInt As Integer, YourObject, MyCheck
Dim MyObject As Object
Set YourObject = MyObject ' Assign an object reference.
MyCheck = IsObject(YourObject) ' Returns True.
MyCheck = IsObject(MyInt) ' Returns False.
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×