IsError 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

式 がエラー値かどうかを示す Boolean 値を返します。

構文

IsError ( expression )

必須の expression引数は、任意の有効な式です。

解説

エラー値は、CVErr 関数を使って実数をエラー値に変換することにより作成されます。IsError 関数を使って、数値式がエラーを表すかどうかを判定します。IsError は、expression 引数がエラーを示す場合は True を返し、それ以外の場合は False を返します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、IsError 関数を使って、数値式がエラー値かどうかを調べます。ユーザー定義関数から Error Variant を返すには、CVErr 関数を使います。UserFunction はユーザー定義 Function プロシージャであり、エラー値を返します。たとえば、ステートメント UserFunction = CVErr(32767) で代入される戻り値です (32767 はユーザー定義の値です)。

Dim ReturnVal, MyCheck
ReturnVal = UserFunction()
MyCheck = IsError(ReturnVal) ' Returns True.

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×