Intune for Education および School Data Sync との Apple School Manager の統合

Intune for Education と統合するために Apple School Manager を設定する場合に、Apple School Manager のユーザー アカウントと属性を Azure Active Directory に同期するように Microsoft School Data Sync (SDS) を構成することもできます。

前提条件とセットアップ

Apple School Manager の同期と統合のための SDS セットアップに進む前に、「Apple School Manager での iOS デバイス登録の有効化」ページに記載されている次のプロセスと手順を完了してください。

SDS で Apple School Manager の同期プロファイルを作成する

SDS 同期プロファイル セットアップ ウィザードにリダイレクトされたら、同期プロファイルを作成する必要があります。この同期プロファイルは、Apple School Manager インスタンスに接続して、Apple School Manager 内のユーザーの Apple ID と Azure AD 内のユーザーの UserPrincipalName の照合を試行します。一致すると、Apple School Manager のユーザーの属性が Azure AD のユーザーに同期されます。次の手順に従って、このプロセスを完了します。

  1. 資格情報を要求された場合は、グローバル管理者アカウントでログインします。

  2. ログインすると、SDS は Apple School Manager に自動的に接続します。
    ASM 接続_C3_201774102755

  3. テキスト ボックスに同期プロファイル名を入力します (3 文字以上)。
    プロファイル名_C3_201774103031

  4. Azure AD のユーザーに関連付けられているドメイン サフィックスを選びます。
    ドメインの選択_C3_201774103154

    Apple School Manager のユーザーを Azure AD のユーザーと照合するには、AppleID のプレフィックス値 (@ より前の部分) が Azure AD の UserPrincipalName のプレフィックス値 (@ より前の部分) と一致している必要があります。Azure AD のユーザーの完全な UserPrincipalName と照合するには、SDS で選択されているドメイン サフィックスも AppleID のプレフィックス値に付加する必要があります。次に例を示します。

    例:

    AppleID = Wendy@contoso.com

    AppleID のプレフィックス = Wendy

    SDS ドメインの選択 = FabrikamSchools.com

    Azure AD の UserPrincipalName = Wendy@FabrikamSchools.com

    ユーザーを正常に同期させるには:

    AppleID のプレフィックス + SDS ドメインの選択 = UserPrincipalName

    例の結果 = ユーザーが Apple School Manager と正常に同期される:

    Wendy + FabrikamSchools.com = wendy@FabrikamSchools.com

  5. [プロファイルの作成] をクリックします。
    プロファイルの作成_C3_201774103420

  6. プロファイルが送信されるのを待ちます。
    プロファイルの作成待機_C3_201774103525

  7. ページを更新して、プロファイルがセットアップされていることを確認します。プロファイルの状態がセットアップ中になります。
    プロファイルのセットアップ中_C3_201774103651

  8. 引き続きページを更新し、同期が開始されていることを確認します。プロファイルの状態は SDS の 5 つの同期ステージのいずれかで表示されます。
    同期中_C3_201774103816

  9. 引き続きページを更新し、同期が正常に完了したことを確認します。
    プロファイル セットアップの完了_C3_201774103930

  10. 同期プロファイルに関連するすべてのエラーを確認します。照合に失敗したユーザーがいる場合、ID の照合を正常に行うためには、SDS 同期プロファイルで定義されている条件に従って、Apple School Manager で AppleID を更新するか、Azure AD で UserPrincipalName を更新する必要がある場合があります。SDS はこの 1 つのプロファイルで Apple School Manager 内のすべてのユーザーと照合しようとします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×