InputBox 関数

ダイアログ ボックスにメッセージとテキスト ボックスを表示し、文字列が入力されるか、またはボタンがクリックされると、テキスト ボックスの内容を返します。戻り値は文字列データ型です。

構文

InputBox ( prompt [, title ] [, default ] [, xpos ] [, ypos ] [, helpfile ] [, context ] )

InputBox 関数の構文には、次の引数があります。

引数

説明

prompt

必須。ダイアログ ボックス内にメッセージとして表示する文字列式を指定します。引数 prompt に指定できる最大文字数は、約 1,024 文字です。ただし、使用する文字の文字幅に依存します。引数 prompt に複数行を指定するには、改行する場所にキャリッジ リターン (Chr(13))、ラインフィード (Chr(10))、またはキャリッジ リターンとラインフィードの組み合わせ (Chr(13) & Chr(10)) を挿入します。

タイトル

省略可能。ダイアログ ボックスのタイトル バーに表示する文字列式を指定します。引数 title を省略すると、タイトル バーにはアプリケーション名が表示されます。

default

省略可能。ユーザーが何も入力しない場合に、テキスト ボックスに既定値として表示する文字列式を指定します。default を省略すると、テキスト ボックスには何も表示されません。

xpos

省略可能。画面の左端からダイアログ ボックスの左端までの水平方向の距離を、twip 単位で示す数式を指定します。xpos を省略すると、ダイアログ ボックスは水平方向に対して画面の中央の位置に配置されます。

ypos

省略可能。画面の上端からダイアログ ボックスの上端までの垂直方向の距離を、twip 単位で示す数式を指定します。ypos を省略すると、ダイアログ ボックスは垂直方向に対して画面の上端から約 1/3 の位置に配置されます。

helpfile

省略可能。ダイアログ ボックスに状況依存のヘルプを設定するために、使用するヘルプ ファイルを識別する文字列式を指定します。引数 helpfile を指定した場合は、引数 context も指定する必要があります。

context

省略可能。ヘルプ作成者が該当するヘルプ トピックに割り当てたヘルプ コンテキスト番号を表す数式を指定します。引数 context を指定した場合は、引数 helpfile も指定する必要があります。


解説

引数 helpfilecontext の両方を指定すると、ユーザーは F1 キー (Windows) または HELP キー (Macintosh) を押して context に対応するヘルプ トピックを参照できます。たとえば Microsoft Office Excel 2007 などのホスト アプリケーションでは、自動的にダイアログ ボックスに [ヘルプ] ボタンが追加されます。[OK] をクリックするか、または Enter キーを押すと、InputBox 関数はテキスト ボックスの内容を返します。ユーザーが [キャンセル] をクリックすると、長さ 0 の文字列 ("") が返されます。

注: 名前付き引数 prompt 以外の引数も指定する場合は、式の中で InputBox 関数を使用する必要があります。引数を省略するには、それに対応する位置にコンマ区切り記号を記述します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例は、InputBox 関数を使用して、ユーザーに値の入力を求めるメッセージを表示するさまざまな方法を示しています。x 位置および y 位置を省略すると、ダイアログ ボックスは自動的に各軸の中央に表示されます。ユーザーが [OK] をクリックするか、Enter キーを押した場合、変数 MyValue にはユーザーが入力した値が格納されます。ユーザーが [キャンセル] をクリックした場合、長さ 0 の文字列が返されます。

Dim Message, Title, Default, MyValue
Message = "Enter a value between 1 and 3" ' Set prompt.
Title = "InputBox Demo" ' Set title.
Default = "1" ' Set default.
' Display message, title, and default value.
MyValue = InputBox(Message, Title, Default)
' Use Helpfile and context.
' The Help button is added automatically.
MyValue = InputBox(Message, Title,,,,"DEMO.HLP", 10)
' Display dialog box at position 100, 100.
MyValue = InputBox(Message, Title, Default, 100, 100)

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×