Input 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Microsoft Jet Expression Service がサンドボックス モードで実行されている場合 (安全でない可能性がある式の評価は行われません)、このトピックで説明する関数、メソッド、オブジェクト、またはプロパティは無効です。サンドボックス モードの詳細については、ヘルプで "サンドボックス モード" を検索してください。

入力モードまたはバイナリ モードで開かれたファイルの文字を含む文字列を返します。

構文

Input( number, [# ] filenumber)

Input 関数の引数は次のとおりです。

引数

説明

number

必須。返す文字数を指定する任意の有効な数値式。

filenumber

必須。任意の有効なファイル番号。


解説

Input 関数によって読み取られたデータは、通常、Print # または Put でファイルに書き込まれます。この関数は、入力モードまたはバイナリ モードで開かれているファイルでのみ使用します。

Input # ステートメントとは異なり、Input 関数は、コンマ、復帰、改行、引用符、先頭のスペースを含め、読み取ったすべての文字を返します。

バイナリ アクセス用に開かれたファイルでは、Input 関数を使って、EOFTrue を返すまでファイルを読み取ろうとすると、エラーが発生します。Input でバイナリ ファイルを読み取るときは、EOF の代わりに LOF 関数と Loc 関数を使います。または、EOF 関数を使うときは Get を使います。

注:  テキスト ファイルに含まれるバイト データに対しては、InputB 関数を使います。InputBnumber では、取得する文字数ではなく、取得するバイト数を指定します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、Input 関数を使って一度に 1 文字をファイルから読み取り、Immediate ウィンドウに表示します。この例では、TESTFILE は数行のサンプル データを含むテキスト ファイルです。

Dim MyChar
Open "TESTFILE" For Input As #1 ' Open file.
Do While Not EOF(1) ' Loop until end of file.
MyChar = Input(1, #1) ' Get one character.
Debug.Print MyChar ' Print to the Immediate window.
Loop
Close #1 ' Close file.

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×