Information Rights Management を構成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: 最新の詳細情報については、www.microsoft.com を参照してください。

Information Rights Management (IRM) により、機密ファイルのダウンロード後に、不正に使用されることや許可なく配布されることを防ぐことができます。

重要: IRM を使用する前に、接続するための Microsoft Windows Rights Management Services (RMS) サーバーが必要であり、SharePoint ファームのすべての Web フロントエンドに Windows Rights Management Services Client Service Pack 2 をインストールしておく必要があります。

  1. 上部のナビゲーション バーの [サーバー構成の管理] をクリックします。

  2. [セキュリティの構成] セクションの [Information Rights Management] をクリックします。

  3. [Information Rights Management] ページの [Information Rights Management] セクションで、次のいずれかのオプションを選択します。

    • [このサーバーでは IRM を使用しない]。IRM を使用しない場合は、このオプションを選択します。

    • [Active Directory で指定した既定の RMS サーバーを使用する]。Active Directory の RMS サーバーを指定している場合は、このオプションを選択します。

    • この RMS サーバーを使用します。このオプションを選択する場合は、(型http://rms_serverなど) の対応する] ボックスにプロトコルと RMS サーバーの名前を入力します。

  4. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×