Information Rights Management を構成する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

注: 最新の詳細情報については、www.microsoft.com を参照してください。

Information Rights Management (IRM) により、機密ファイルのダウンロード後に、不正に使用されることや許可なく配布されることを防ぐことができます。

重要: IRM を使用する前に、接続するための Microsoft Windows Rights Management Services (RMS) サーバーが必要であり、SharePoint ファームのすべての Web フロントエンドに Windows Rights Management Services Client Service Pack 2 をインストールしておく必要があります。

  1. 上部のナビゲーション バーの [サーバー構成の管理] をクリックします。

  2. [セキュリティの構成] セクションの [Information Rights Management] をクリックします。

  3. [Information Rights Management] ページの [Information Rights Management] セクションで、次のいずれかのオプションを選択します。

    • [このサーバーでは IRM を使用しない]。IRM を使用しない場合は、このオプションを選択します。

    • [Active Directory で指定した既定の RMS サーバーを使用する]。Active Directory の RMS サーバーを指定している場合は、このオプションを選択します。

    • この RMS サーバーを使用します。このオプションを選択する場合は、(型http://rms_serverなど) の対応する] ボックスにプロトコルと RMS サーバーの名前を入力します。

  4. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×