InfoPath Forms Services の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

概要    InfoPath Forms Services は、ユーザーが Web ブラウザーでフォームに入力するためにできるようにするサーバー テクノロジです。1 か所でフォームの管理、すると、ビジネス プロセスを合理化するでき、お客様、パートナー、サプライヤーとのリレーションシップの向上することができます。

InfoPath の概要 Forms Services

顧客、パートナー、サプライヤーと使いやすいフォームをメッセージを送信します。

フォーム駆動型ビジネス プロセスを合理化します。

フォームおよびフォーム テンプレートを一元的に管理します。

InfoPath Forms Services の概要

ユーザーのない InfoPath がブラウザー対応フォーム テンプレートを入力するには、そのコンピューターにインストールされているありません。必要なは、Windows Internet Explorer、Apple Safari または Mozilla Firefox など、ブラウザーへのアクセスです。InfoPath Forms Servicesを保存して、フォームおよび一元的にフォーム テンプレートを管理することもできます。InfoPath Forms Services組み込まれてし、 Windows SharePoint Services 3.0、共通の場所に組織でデザインしたフォーム テンプレートを発行することができる必要があります。さらに、ユーザーは、複数のファイルが保存されているし、ファイル、同じテンプレートが使用して多くの場合、フォルダーの SharePoint ライブラリにフォームを送信できます。ドキュメント管理、ワークフロー、権限の管理などのライフ サイクルのタスク フォームに統合することもできます。

InfoPath Forms ServicesテクノロジはMicrosoft Office SharePoint Server 2007エンタープライズ CAL では使用しても、別々 にMicrosoft Office Forms Server 2007にします。

デザイン上の操作

ブラウザで入力できるフォーム テンプレートは、ブラウザ対応フォーム テンプレートと呼ばれます。この種類のフォーム テンプレートを作成するには、InfoPath でブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインし、InfoPath Forms Services を実行しているサーバーに発行して、Web 上での使用を有効にします。

場合によっては、InfoPath の発行ウィザードで [このフォームをブラウザで入力できるようにする] チェック ボックスをオンにすることによって、Web 上でのフォーム テンプレートの使用を有効にできます。それ以外の場合は、フォーム テンプレートを企業ネットワークの共有の場所に発行した後、フォーム テンプレートを有効にしてサーバー上で使用可能にするためにサーバー ファーム管理者の手助けが必要になります。

次のようなフォーム テンプレートについては、管理者の承認が必要です。

  • マネージ コードを含んでいる。

  • 完全信頼セキュリティ レベルを必要とする。完全信頼セキュリティ レベルを持つフォームには、ファイルや設定などのユーザーのコンピュータのシステム リソースへの完全なアクセスが許可されます。

  • 管理者によって管理されているデータ接続を使用する。

  • モバイル デバイスでの表示が有効になっている。

管理者の承認が必要な場合は、発行ウィザードに表示される手順に従って、フォーム テンプレートを管理者に渡すための準備を行うことができます。

ブラウザ互換フォーム テンプレートをブラウザ対応にすると、ユーザーは、そのフォーム テンプレートを基に作成されたフォームにブラウザで入力できるようになります。

ユーザー側の操作

ユーザーがブラウザでフォームに入力する操作は、InfoPath でフォームに入力する操作とほぼ同じです。たとえば、繰り返しセクションなどのコントロール、および数式や条件付き書式などの機能は、両方の環境で同様に動作します。

ブラウザでのフォームの入力は、InfoPath でのフォームの入力と似ていますが、大きな違いが 1 つあります。Web ブラウザでは、InfoPath のメニューおよびツールバーは、フォームの上部にあるツールバーで置き換えられます。このツールバーには、フォームの保存、閉じる、印刷、および更新のオプションが表示されます。このツールバーはフォームの下部にも表示されるので、長いフォームの入力を完了するためにフォームの上部までスクロールする必要はありません。

フォーム テンプレートで送信オプションが有効になっている場合、ツールバーには [送信] ボタンも表示されます。このボタンをクリックすると、フォーム データが、Web サービスや SharePoint リストなどのフォーム テンプレートのデザイン時に指定したデータ ソースに直接送信されます。フォーム テンプレートに複数の表示がある場合、ツールバーには [表示] リストも表示されます。

ブラウザーで開くフォーム

1. ツールバーの [送信] ボタンをクリックして、外部データ ソースにデータを送信します。

2. ツールバーの [表示] リストで項目をクリックして、ビューを切り替えます。

フォーム テンプレートのデザイン時に、[フォームのオプション] ダイアログ ボックスでツールバーの設定をカスタマイズできます。たとえば、ボタンを削除したり、ユーザーのフォームの下部のツールバーを非表示にしたりできます。

以下のセクションでは、InfoPath Forms Services を使用する利点について詳しく説明します。

ページの先頭へ

使いやすいフォームを顧客、納入業者、およびパートナーに提供する

InfoPath Forms Services を実行しているサーバーにフォーム テンプレートを発行すると、社内イントラネットだけでなく、エクストラネット サイトや企業の Web サイトなどの外部の Web サイトにもフォーム テンプレートを配布できます。これにより、顧客、パートナー、納入業者など、ビジネスの成功の鍵を握る人々からデータを収集できます。たとえば、大規模な保険会社では、単一のブラウザ対応フォーム テンプレートを使用して、保険金請求書を収集して処理できます。保険会社の顧客は、ブラウザを使用して、保険会社の Web サイトの請求書フォームに入力できます。また、顧客が保険会社に電話で請求を行った場合、保険会社の担当者が InfoPath を使用してイントラネット サイトの同じ請求書フォームに入力できます。同様に、政府機関は、Web サイトにブラウザ対応フォーム テンプレートを配置することによって市民からデータを収集できます。

ユーザーが、Web サイト内でライブラリに移動するか、またはブラウザでフォームの URL を入力することによって、フォームにアクセスします。その後の手順には、次の 2 とおりがあります。

  • フォームがブラウザで開かれる場合    ユーザーのコンピュータに InfoPath がインストールされていない場合、フォームはブラウザで開かれます。ユーザーはブラウザで他の Web ベースのフォームと同様にフォームに入力できます。

  • フォームが InfoPath で開かれる場合    ユーザーのコンピュータに InfoPath がインストールされている場合、フォームは InfoPath で開かれます。ユーザーは InfoPath で他の InfoPath のフォームと同様にフォームに入力できます。InfoPath でフォームに入力する場合は、フォームの入力のための InfoPath のすべての機能を使用できるという利点があります。それらの機能の一部は、ブラウザのフォームでは利用できません。

    注: 必要に応じて、ユーザーのコンピュータに InfoPath がインストールされている場合でも、フォーム テンプレートの設定をカスタマイズして、フォームが常にブラウザで開かれるようにすることができます。これによって、すべてのユーザーのフォームの入力操作を同じにすることや、フォームを InfoPath で開けないようにして、基になっているフォーム テンプレートをユーザーがデザイン モードで開いたり変更したりしないようにすることができます。

ユーザーが、パーソナル デジタル アシスタント (PDA) や Smartphone などのモバイル デバイスでフォームに入力する場合は、モバイル デバイスのブラウザを使用してフォームを開いて入力できるようにブラウザ対応フォーム テンプレートをデザインできます。ユーザーがモバイル デバイスを使用してフォームにアクセスすると、フォームは単純化された形式で画面に示されます。

フォーム駆動型のビジネス プロセスを合理化する

フォームは、多くのビジネス プロセスの中心です。InfoPath Forms Services を実行しているサーバーでブラウザ対応フォーム テンプレートをホストすることにより、フォーム データを既存のビジネス プロセスまたはアプリケーションに統合できます。たとえば、次のことができます。

  • 既存のビジネス システムにデータの送信   ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする際に、Web サービスまたはその他の外部データ ソースへのデータ接続を作成できます。これにより、既存のビジネス システム、エンタープライズ アプリケーション、または企業のデータベースにデータを送信することができます。たとえば、営業部では、既存の顧客関係管理 (CRM) システムに売上潜在顧客および顧客の情報を送信できるフォームをデザインできます。

  • 既存のビジネス システム内のデータのクエリ    既存のビジネス システム、エンタープライズ アプリケーション、または企業データベース内のデータをクエリすることもできます。たとえば、フォーム テンプレートに基づくフォームをユーザーが開いたときに、外部データ ソースのデータをフォームの名前フィールドや住所フィールドに表示することができます。これにより、組織の既存のデータを活用し、フォームの入力プロセスを簡略化できます。

  • フォームへのワークフローの追加    ライブラリに保存されるフォーム テンプレートにワークフローを追加できます。これにより、一般的なビジネス プロセスを一貫して管理できます。たとえば、マネージャは、承認ワークフローを使用して、承認担当者全員に経費明細書フォームを転送できます。承認担当者は、経費明細書フォームを承認または却下したり、承認作業を他の担当者に再割り当てしたり、フォームの変更を要求したりできます。InfoPath では、ユーザーは [ファイル] メニューのコマンドをクリックしてワークフローに参加します。サーバー上では、ライブラリ内のフォームの名前をポイントし、表示される矢印をクリックします。次に、[ワークフロー] をクリックしてワークフローに参加します。

    ショートカット メニューの [ワークフロー] コマンド

ページの先頭へ

フォームおよびフォーム テンプレートを一元的に管理する

フォーム テンプレートとそれに関連付けられたフォームを、InfoPath Forms Services を実行しているサーバー上のリポジトリに一元的に保存できます。これにより、フォームおよびフォーム テンプレートの検索、共有、および管理が容易になります。

主な利点は次のとおりです。

  • フォームおよびフォーム テンプレートを一元的に保存できる    フォーム テンプレートをライブラリに関連付けることができます。ライブラリは、組織内の他のユーザーと共にファイルの作成、収集、更新、および管理を行うことができる、SharePoint サイト上の場所です。ライブラリ内のフォーム テンプレートに基づいたフォームにユーザーが入力すると、入力済みのフォームがフォーム自体の重要な情報と共にそのライブラリに保存されます。 SharePoint ライブラリのデザインに応じて、ユーザーは、フォーム テンプレートに基づくフォームに入力したり、入力済みフォームのデータを Microsoft Office Excel にエクスポートしたり、複数のフォームのデータを単一のフォームに結合したりできます。次の例は、ライブラリに保存された経費明細書を示しています。

    ライブラリに保存されている経費レポート

  • フォーム テンプレートをコンテンツ タイプによって管理できる    InfoPath の発行ウィザードを使用して、サイト コンテンツ タイプとしてフォーム テンプレートを発行できます。コンテンツ タイプは、フォーム テンプレート、一連の列、およびワークフロー設定やポリシー設定などのサーバー上のドキュメント管理設定を定義します。

    コンテンツ タイプを作成すると、サイト コレクション全体でフォーム テンプレートおよび設定を再利用できます。以前は、複数の SharePoint ライブラリで同じフォーム テンプレートを使用するには、フォーム テンプレートの別個のコピーを 2 つ (各ライブラリに 1 つ) 発行する必要がありました。また、そのフォーム テンプレートを更新する場合は、両方のライブラリのフォーム テンプレートを更新する必要がありました。しかし、現在は、フォーム テンプレートをサイト コンテンツ タイプとして発行できるようになりました。コンテンツ タイプを更新すると、変更内容は、そのコンテンツ タイプが使用されているすべての場所に自動的に適用されます。

    単一のコンテンツ タイプをサイト コレクション内の複数のライブラリに割り当てたり、複数のコンテンツ タイプを単一のライブラリに割り当てたりできます。たとえば、業務報告書フォームのコンテンツ タイプを社内の営業部門が使用するすべてのライブラリに追加すると、各営業チームが同じ種類の情報を収集して、経営陣にレポートできます。または、出張申請書、出張報告書、および経費明細書の各フォームに異なるフォーム テンプレートを使用しているとします。この 3 つのフォーム テンプレートをそれぞれサイト コンテンツ タイプとして発行し、チームの出張関連情報用の単一のライブラリに追加できます。このライブラリから新しいフォームを作成するときには、これらのフォーム テンプレートの中から使用するものを選択します。

  • フォームおよびフォーム テンプレートを管理できる    サーバー ファーム管理者は、ユーザーのフォーム テンプレートへのアクセス方法および組織全体への展開方法を制御できます。たとえば、サイト全体のフォーム テンプレートを発行できるユーザーを制御したり、フォーム ユーザーへの影響を最小限にしてサーバー上のフォーム テンプレートを更新する方法を決定できます。

  • 1 か所でのデータ接続を管理します。   複数のフォーム テンプレートでは、同じデータ接続を使用] の場合のデータ接続ライブラリでは、 データ接続ファイルでデータ接続の設定を格納できます。ユーザーは、データ接続ファイルに接続するフォームが開いたら、InfoPath 設定を使用して、そのファイルに、外部データ ソースに接続します。これにより、複数のフォーム テンプレートが、同じデータ接続ファイルを使用できるため、フォーム テンプレートごとに同じデータ接続を手動で作成する必要はありません。さらに、外部データ ソースの場所または接続設定を変更する場合は、各データ接続を使用するフォーム テンプレートを更新する必要はありません。代わりに、データ接続ファイルを 1 回、更新するだけでし、すべてのフォーム テンプレートが想定どおりに動作し続けます。

注: InfoPath から InfoPath Forms Services を実行していないサーバーにフォーム テンプレートを発行できます。たとえば、Windows SharePoint Services を実行しているサーバーにフォーム テンプレートを発行できます。このとき、フォーム テンプレートをライブラリに発行する機能など、上述した一連の機能の一部を利用できます。ただし、ブラウザ対応フォーム テンプレートを作成する場合や、データ接続ライブラリなどの機能を使用する場合は、InfoPath Forms Services を実行しているサーバーにフォーム テンプレートを発行する必要があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×