InfoPath Forms Services の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

InfoPath Forms Services は、Windows SharePoint Services 3.0 上に ASP.NET Version 2.0 アプリケーションとして構築されるサーバー テクノロジです。InfoPath Forms Services を使用すると、ユーザーは Office InfoPath 2007 クライアント プログラムだけでなく Web ブラウザでも Microsoft Office InfoPath 2007 フォームへの入力を行うことができます。これにより、フォームへのアクセスが以前のバージョンの Microsoft Office InfoPath を使用した場合より拡張されます。また、InfoPath Forms Services は組織のフォーム テンプレートを保存、管理するための一元的な場所を提供します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

フォーム テンプレートへの幅のアクセスを有効にします。

展開して、ブラウザー互換フォーム テンプレートを管理します。

フォーム テンプレートへのアクセスを拡張する

Office InfoPath 2007 を使用するフォーム テンプレート作成者は、ブラウザー互換フォーム テンプレートを作成することを選択できます。そのフォーム テンプレートを InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバーにブラウザー対応フォーム テンプレートとして展開すると、ユーザーは Web ブラウザでフォームに入力することができ、各自のコンピュータに InfoPath をインストールする必要がありません。ユーザーがブラウザでフォームに入力する操作は、InfoPath でフォームに入力する操作と似ています。たとえば、データの入力規則などの機能は、サーバーとやり取りせずにブラウザで動作するように設計されています。つまり、ユーザーがフォームを操作するたびにブラウザがフォームを再度読み込む必要がないため、データの入力規則の警告など、ある条件が存在している場合の結果がすぐに表示されます。

注記: 

  • いくつかのフォーム コントロールには、ポストバックの設定というオプションがあります。フォーム テンプレート作成者は、ポストバックの設定を使用して、データを表示するためにサーバーとのやり取りが必要かどうかを指定します。場合によっては、これらの設定によってフォームの待ち時間が長くなります。たとえば、サーバーにデータを送信することを要求するポストバックの設定では、フォームのデータ表示に長い時間がかかるようになり、ポストバックの必要がない特定のインスタンスでは、フォームのパフォーマンスが低下してむしろ逆効果になる可能性があります。

  • ActiveX コントロールなど、いくつかの機能やコントロールは、ブラウザ互換のフォーム テンプレートではサポートされません。

InfoPath Forms Services を実行しているサーバーにブラウザ互換のフォーム テンプレートを展開する前に、次の点に注意してください。

  • ブラウザ互換のフォーム テンプレートを展開する方法は、フォーム テンプレート作成者が追加した機能によって異なります。詳細については、次のセクションの表を参照してください。

  • InfoPath で開いたときにフォーム テンプレートが完全に信頼できるフォーム テンプレートとして動作するためには、フォーム テンプレート作成者によるデジタル署名が追加されている必要があります。完全信頼フォームがユーザーのコンピュータにインストールされている場合、そのフォーム テンプレートにデジタル署名は不要であり、ブラウザまたは InfoPath で入力することができます。

  • ブラウザ対応フォーム テンプレートは、モバイル デバイスで表示できるように設定されていれば、一部のモバイル デバイスからの入力が可能です。

ページの先頭へ

ブラウザ互換フォーム テンプレートを展開および管理する

すべてのブラウザー対応フォーム テンプレートは、 InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバーでホストされている必要があります。InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバーでホストされているフォーム テンプレートの 2 つの展開方法があります: ユーザー フォーム テンプレートおよび管理者承認済みフォーム テンプレートのいずれかのいずれかです。

ユーザー フォーム テンプレートは、ライブラリとリストを作成する権限を持つすべてのユーザーが展開できます。ユーザー フォーム テンプレートは、条件付き書式のような宣言型の機能だけを含み、マネージ コードを含まないフォーム テンプレートです。ユーザー フォーム テンプレートは、ドメイン セキュリティ レベルで動作します。

管理者承認済みフォーム テンプレートは、フォーム テンプレートをマネージ コードを含む、完全信頼が必要に、管理者が管理されているデータ接続を使用して、有効である、モバイル デバイスで表示する、またはサイト コレクション全体で広範囲に展開する必要があります。ファーム管理者一般にアップロードし、確認の手順を実行、管理者承認済みフォーム テンプレートの展開における、フォーム テンプレートをデザインできます InfoPath 内から確認のタスクを実行してもします。サイト コレクションの管理者権限を持つファーム管理者またはサイト コレクションの管理者は、ライセンス認証の手順を実行できます。管理者承認済みフォーム テンプレートを展開するプロセスには、次の 3 つの手順が必要です。

  1. 確認    確認プロセスでは、エラーや警告など、フォーム テンプレートに関する情報を明らかにします。それには、[サーバーの全体管理] の設定を使用するか、または Office InfoPath 2007 の [デザイン チェック] 作業ウィンドウを使用します。

  2. アップロード    フォーム テンプレートの確認が済んだら、ファーム管理者が Web ファームの [フォーム テンプレートの管理] ライブラリにアップロードします。

  3. アクティブ化    フォーム テンプレートをアップロードしたら、次は、ファーム管理者またはサイト コレクション管理者がサイト コレクションに対してアクティブ化します。

    注: ファーム管理者がフォーム テンプレートをアクティブ化するには、そのサイト コレクションに対するサイト コレクションの管理者の権限が必要です。

次の表では、一般的な 2 つの展開シナリオと、それぞれに必要なロールについて説明します。

状況

展開範囲

ユーザー フォーム テンプレート

InfoPath Forms Services を実行しているサーバーでライブラリおよびリストを作成する権限を持つエンド ユーザーが、条件付き書式などの宣言型の機能が含まれたブラウザ互換のフォーム テンプレートを展開します。

フォーム テンプレートは、ドキュメント ライブラリに発行するか、またはコンテンツ タイプとして発行します。この展開方法は、マネージ コードのないフォーム テンプレートや、1 つの部門の社員だけが使用するような展開範囲の限られたフォーム テンプレートに適しています。

注: ユーザー フォーム テンプレートを広範に利用できるようにすることが必要な場合には、管理者承認済みフォーム テンプレートの場合と同じ手順で展開することも可能です。

管理者承認済みフォーム テンプレート

ファーム管理者が展開完全信頼またはドメイン信頼ブラウザー互換フォーム テンプレートにマネージ コードを含む、管理者が管理、モバイル対応またはサイト コレクション全体で広範囲に展開する必要がありますデータ接続を使用します。

フォーム テンプレートは、ファーム管理者が確認およびアップロードした後で、1 つまたは複数のサイト コレクションのフォーム テンプレート ライブラリに対してアクティブ化されます。アクティブ化とは、サイト コレクションの機能を有効または無効にするため、または管理者が承認したフォーム テンプレートを利用可能にするために使用するプロセスです。この展開方法は、組織内の多くの部門の社員が使用するために広く展開する必要のあるフォーム テンプレートに適しています。

注: 管理者承認済みフォーム テンプレートの確認とアップロードはファーム管理者が行う必要がありますが、アップロードされたフォーム テンプレートのアクティブ化はサイト コレクション管理者でも可能です。

注記: 

  • マネージ コードが含まれたフォーム テンプレートを展開する権限を持っていない場合は、ファーム管理者に問い合わせてください。フォーム テンプレートの展開をファーム管理者に依頼する前に、管理者がアクセスできる場所にそのフォーム テンプレートを発行する必要があります。

  • ファーム管理者がフォーム テンプレートを展開すると、そのフォーム テンプレートはサーバー上の単一の場所に追加されます。サイト コレクションの管理者の権限を持つユーザーは、そのフォーム テンプレートを自身のサイト コレクションにアクティブ化できます。この展開方法は、1 つまたは複数のサイト コレクションで使用するフォーム テンプレートにだけ適用することをお勧めします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×