InfoPath 用語集

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

A

B

C

D

E

F

G

H

J

K

L

M

N

O

P

Q

R

S

T

U

V

W

X

A

ページの先頭へ

動作

自動的に表示する] ダイアログ ボックスでは、条件と組み合わせて使用するルールの一部である値を設定するクエリしデータを送信する、フォームを開きます。

アクティブなフィールド

カーソルが置かれているフォームのフィールドです。

ActiveX コントロール

カスタム コントロール。フォーム デザイナーでは、追加したり、コントロール] 作業ウィンドウで、ActiveX コントロールを削除することができます。

管理者承認済みフォーム テンプレート

InfoPath Forms Services を実行するサーバー管理者がアップロードされたブラウザー互換フォーム テンプレートです。管理者承認済みフォーム テンプレートには、コードを含めることができます。

[属性] フィールド

データを格納できるデータ ソース内のフィールドは、(要素) ではなく属性です。属性のフィールドには、その他のフィールドを含めることはできません。

B

ページの先頭へ

バインド

コントロールに入力されたデータが保存されているようフィールドまたはデータ ソース内のグループにコントロールを接続します。コントロールのバインドとフィールドまたはグループに接続されていないため、コントロールに入力されたデータは保存されません。

ブラウザー互換フォーム テンプレート

特定の互換モードを使用して、Microsoft Office InfoPath でデザインしたフォーム テンプレートです。ブラウザー互換フォーム テンプレートをブラウザーでできる InfoPath Forms Services を実行しているサーバーに発行されたできます。

ブラウザー対応フォーム テンプレート

InfoPath Forms Services を実行しているサーバーに発行するをブラウザーで有効になっているユーザー両方を表示でき、Web ブラウザーでフォームに入力できるようにブラウザー互換フォーム テンプレートです。

C

ページの先頭へ

キャビネット (.cab) ファイル

ファイル形式を簡単に記憶域または転送する 1 つのファイルとしてパッケージ効率的にする方法複数のファイルを提供します。InfoPath フォーム テンプレート (.xsn) ファイルは、拡張子 .xsn .cab ファイルです。

カスケード リスト ボックス

1 つの値を選択、他の選択肢の設定を変更するように相互に接続されている 2 つ以上のリスト ボックス

子要素

XML ツリー構造に、親要素が含まれている要素。

選択肢グループ

相互に排他的な選択肢のセットを表示するために使用するコントロール。既定では、選択肢グループには、フォームの既定の選択肢としてユーザーに表示する 1 つ、2 つの選択肢セクションが含まれています。

選択肢セクション

他のコントロールが含まれているし、相互に排他的な選択肢のセット内の 1 つの選択肢を表すために使用するコントロール。ユーザーは、フォームの入力時に他の選択肢の 1 つのセクションを置き換えることができます。

COM

コンポーネント オブジェクト モデルを参照してください。

コンボ ボックス コントロール

コントロールをテキスト ボックスとエントリを入力するか、一覧からいずれかを選択できるように、リスト ボックスを結合します。

コンポーネント オブジェクト モデル (COM)

ソフトウェア コンポーネントを構築するために Microsoft が開発した仕様では、プログラムに組み込むことができるか、Microsoft Windows オペレーティング システムで実行されている既存のプログラムに機能を追加できます。

条件付き書式

表示およびフォームに入力した値に基づいて、読み取り専用状態を含む、コントロールの外観を変更するプロセスです。

カスタム コントロール

既定で InfoPath に含まれていないをなどのテンプレート パーツまたは ActiveX コントロールで、フォームのコンポーネントをします。フォーム デザイナーでは、追加したり、[コントロール] 作業ウィンドウを使用してカスタム コントロールを削除することができます。

カスタムのインストールされている用紙

通常、カスタム セットアップ プログラムによってインストールされているフォームには、コンピューター上のファイルと設定へのアクセスがあります。

カスタム作業ウィンドウ

フォームの横にあるウィンドウに表示される内容を html ファイル。カスタム作業ウィンドウには、フォームに固有のコマンドやヘルプ コンテンツを提供できます。

D

ページの先頭へ

データ接続

InfoPath フォームおよびデータベース、Web サービス、SharePoint ライブラリ、または XML ファイルなど、外部データ ソースの間に接続します。クエリし、データを送信するには、データ接続を使用します。

データ接続ライブラリ

Office データ接続 (.odc) ファイルとユニバーサル データ接続 (.udcx) のコレクションを含む Microsoft Office SharePoint Server 2007 を実行しているサイトにあるドキュメント ライブラリです。

データ フィールド

外部データ ソースへのクエリの結果を格納するフィールドです。

データ ソース

定義し、InfoPath フォームのデータを格納するフィールドとグループのコレクションです。フォーム内のコントロールは、フィールドとデータ ソース内のグループにバインドされます。

データ型

フィールドに格納できるデータの種類を定義するフィールドのプロパティ。データ型の例には、テキスト、リッチ テキスト、整数、小数点以下、はい/いいえ、ハイパーリンク、日付と時刻、および画像が含まれます。

データの入力規則

データの正確さをテストするプロセス一連のルールの種類とユーザーを入力できるデータの範囲を指定のコントロールに適用できます。

既定のロール

特定のユーザーの役割に関連付けられている設定します。既存のロールに割り当てられていないユーザーが既定値として指定されているロールに自動的に割り当てられます。

デザイン モード

InfoPath のデザイン環境を作成するか、フォーム テンプレートを変更します。

ダイアログ ボックスの警告

データの入力規則の警告をコントロールに無効なデータが入力されたときに、ユーザー設定のエラー メッセージが] ダイアログ ボックスを開く。

デジタル署名

フォームまたはフォームの一部の認証の電子的、暗号化ベース スタンプです。この署名は、フォームまたはセクションが署名者と、変更されていないことを確認します。

ドキュメント ライブラリ

ファイルのコレクションが共有されているフォルダーとファイル多くの場合、同じテンプレートを使用します。ライブラリ内の各ファイルは、そのライブラリの内容一覧に表示されるユーザー定義の情報に関連付けられます。

ドキュメント オブジェクト モデル (DOM)

World Wide Web コンソーシアム仕様を Web ブラウザーを使用して操作できるように、動的な HTML と XML ドキュメントの構造を説明します。

DOM

ドキュメント オブジェクト モデルを参照してください。

E

ページの先頭へ

イベント

マウスのクリックまたは応答を定義するためのキーを押すなどのオブジェクトが認識する操作します。イベントが原因で、ユーザーの操作や Visual Basic ステートメントまたはシステムによって指定できます。

イベント ハンドラー

関数は、ユーザーの操作に応答する InfoPath フォーム テンプレートにコードまたは XML データを変更します。

[式] ボックス

読み取り専用のデータを検索または XPath 式を使用してデータの計算の結果として表示するフォーム上のコントロール。

拡張ハイパー テキスト マークアップ言語 (XHTML)

マークアップ言語 HTML を拡張し、それを XML として reformulates です。

拡張マークアップ言語 (XML)

業界標準の言語の記述、整理、およびデータを交換します。InfoPath では、XML テクノロジに基づくフォーム テンプレートおよびフォーム データを保存または XML 形式で送信します。

拡張スタイルシート言語 (XSL)

プレゼンテーションのルールを定義するスタイル シートを使用して、HTML など、別のフォームに XML データを変換するための XML ボキャブラリします。

F

ページの先頭へ

フィールド

要素または属性のデータ ソースにデータを含めることができます。フィールドが要素の場合は、フィールドの属性を格納できます。フィールドには、コントロールに入力されたデータが格納されます。

添付ファイル コントロール

コントロールを入力するときに、フォームにファイルを添付することができます。フォーム デザイナーでは、添付できるファイルの種類を制限できます。

filter

データのサブセットを表示するために、データに適用される条件のセットです。

[フィルター] アイコン

横に表示されるアイコンは、フォーム内のデータをフィルター処理されます。

フォーム

InfoPath では、ドキュメントのコントロールのユーザーが情報を入力できます。InfoPath フォームには、リッチ テキスト ボックス、日付の選択、オプションであり、繰り返しセクションで、データの入力規則、条件付き書式などの機能を含めることができます。

フォームのソース ファイル

他のすべてのファイルと、ユーザー インターフェイスのカスタマイズ、XML スキーマ、ビュー、ビジネス ロジック、イベント、および展開の設定を含むフォーム内で使用されているコンポーネントに関する情報を含む XML ファイル。

フォーム構成ファイル

InfoPath フォームを実装するために使用されるファイルのコレクションです。ファイルの種類には、.html、.xml、.xsd、.xslt、スクリプト、およびフォームの機能をサポートするために必要なその他のファイルの種類を含めることができます。

フォーム ライブラリ

フォルダーを同じテンプレートに基づくフォームのコレクションが保存されているし、共有します。フォーム ライブラリ内の各フォームは、そのライブラリの内容一覧に表示されるユーザー定義の情報に関連付けられます。

フォーム テンプレート

InfoPath では、ファイルまたはファイルのデータ構造、外観、およびフォームの動作を定義します。

フォーム テンプレートのライブラリ

管理者がアクティブ化されているフォーム テンプレートの格納場所、サイト コレクションのトップレベル サイト内の場所。

数式

XPath 式の値、フィールドまたはグループ、関数、および演算子で構成されています。数学的な値を計算する、日付と時刻を表示するフィールドを参照する数式を使用できます。

function

計算の結果に基づいた値を返す定義済みの XPath 式。

G

ページの先頭へ

グループ

フィールドやその他のグループに格納できるデータ ソース内の要素。繰り返しテーブルとセクションなどの他のコントロールが含まれるコントロールは、グループにバインドされます。

H

ページの先頭へ

ホスティング環境

Web またはを InfoPath フォームが埋め込まれている、Windows フォーム アプリケーションなどのデスクトップ アプリケーションをします。

ハイパーリンク

色付きや下線付きのテキストまたはグラフィックをクリックすると、ファイル、ファイル、World Wide Web 上の Web ページまたはイントラネット上の Web ページ内の場所に移動します。ニュースグループおよび Gopher、Telnet、および FTP サイト、ハイパーリンクは移動もできます。

I

ページの先頭へ

IME

入力方式エディターを参照してください。

InfoPath Forms のフォルダー

関連するフォームを InfoPath 2007 のコレクションを格納する Outlook 2007 でのフォルダー。InfoPath フォーム フォルダーでは、グループ、フィルター、およびデータを並べ替えるのために列を複数のフォームを使用できます。

開始側ロール

特定のユーザーの役割に関連付けられているオプションの設定します。この役割は、その他の役割の割り当てを上書きするには、新しいフォームを開いているユーザーは割り当てられた自動的にします。

インク

書き込みまたはタブレット ペンまたはマウスによる線を描画します。

インク入力モード

インクで、フォームに入力できる環境です。Tablet PC の場合は、[InfoPath は自動的にインク入力モードで開きます。

インク ガイド

サイズが大きくなるタブレット ペンを使用してフォーム フィールドを作成する掛けします。

インク セクション

ユーザーが描画またはタブレット ペンで書き込みを行うことが、リッチ テキスト ボックス内の領域です。InfoPath では、インクと手書きのノートまたはインク セクション内の図面を保存します。

インライン警告

データの入力規則の警告を示す赤い破線と表示される赤いアスタリスクの無効なまたは不足しているデータが含まれるコントロールします。ユーザーは、コントロールを右クリックして、またはその他の情報へのリンクをクリックして、ユーザー設定のエラー メッセージを表示できます。

入力方式エディター (IME)

プログラムに複雑な日本語文字に変換されるキー、東アジア言語のテキスト (繁体字中国語、簡体字中国語、日本語、または韓国語) を入力するプログラムを使用します。Ime の種類は、キーボード レイアウトの別の種類として扱われます。

インターネット

何千ものコンピューター ネットワークと百万業者、教育機関、行政機関向け、個人のコンピューターの世界中のネットワークします。

イントラネット

(HTTP または FTP プロトコル) などのインターネット テクノロジを使用している組織内のネットワークします。ハイパーリンクを使用すると、イントラネット上のオブジェクト、ドキュメント、ページ、およびその他の宛先を参照できます。

J

ページの先頭へ

JScript

解釈、オブジェクトに基づくスクリプト言語、C、C、および Java されました。マイクロソフト ECMA 262 言語の仕様の実装することをお勧めします。

K

ページの先頭へ

キーのフィールド

マスターおよび詳細コントロール内のデータがリンクに関連するデータ ソース内のフィールドです。

L

ページの先頭へ

レイアウト テーブル

テキストやコントロールなどのフォームのコンテンツを配置するために使用するセルのコレクションです。

リンク オブジェクト

ソース ファイルに作成され、2 つのファイルの間の接続を維持したまま、リンク先ファイルに挿入されたオブジェクトです。ソース ファイルが更新されると、リンク先のファイルにリンクされたオブジェクトを更新できます。

リスト ボックス

選択肢の一覧を提供するコントロール。リスト ボックス コントロールには、リストとオプションのラベルが表示されます。

リスト コントロール

箇条書き、段落番号、または標準リストとして書式設定できるフォーム上のコントロール。ユーザーは、必要に応じてだけ繰り返して表示します] ボックスの一覧のコントロールにテキストを入力できます。

M

ページの先頭へ

Microsoft Developer Network (MSDN)

Microsoft Web サイト (およびサブスクリプション プログラム) を開発者は最新のツールと併せてについては、コード サンプル、マイクロソフトの開発ツールのトレーニングの教材を提供します。(http://msdn.microsoft.com)

Microsoft Script Editor (MSE)

作成するためのプログラミング環境では、編集、および InfoPath フォームで Microsoft JScript または Microsoft VBScript のコードをデバッグします。

Microsoft Visual Studio Tools for Applications (VSTA)

作成、編集、および InfoPath フォーム テンプレートに含まれる Visual Basic または c# のコードをデバッグするためのマネージ コード プログラミング環境です。

Microsoft Windows インストーラー (MSI)

Windows オペレーティング システムに配置するのには、ソフトウェアのインストール パッケージの作成に使用するツールです。

MSDN

Microsoft Developer ネットワークを参照してください。

MSE

Microsoft Script Editorを参照してください。

MSI

Microsoft Windows インストーラーを参照してください。

複数選択リスト ボックス

候補のリストから 1 つまたは複数の項目を選択できるコントロール。ユーザーは、チェック ボックスをオンまたはリストに自分のアイテムを追加して、アイテムを指定できます。

N

ページの先頭へ

名前空間

要素名と要素に同じ名前が複数のソースからは、[名前の競合を避けるためのリレーションシップを一意に限定する機能です。

O

ページの先頭へ

オブジェクト モデル

コンテンツとアプリケーションの機能を表すオブジェクトとコレクションの階層のライブラリです。オブジェクトとコレクションがあると、イベントを操作し、アプリケーションを操作するために使用できます。

オブジェクト モデル図

特定のオブジェクト モデル内に含まれるコレクション、オブジェクトのグラフィック表現。

オフライン データ ソース

オフラインでフォームに入力するユーザーにアクセスできるセカンダリ データ ソース。ユーザーがオンラインの場合は、データ ソースからデータが保存されているユーザーのコンピューターにオフラインでは、フォーム コントロールに表示するようにします。

演算子

記号または式の中で実行する計算の種類を指定します。算術演算子、比較、論理、および参照演算子。

省略可能セクション

通常、他のコントロールを含むフォーム上のコントロールは、既定では表示されません。ユーザーは、挿入し、フォームに入力するときは、省略可能セクションを削除します。

P

ページの先頭へ

パラメーター

プログラムによって式が評価される前に、または操作の先頭にある変数に割り当てられている値。パラメーターには、テキスト、数値、または別の値に割り当てられている引数の名前ができます。

親要素

XML では、特定の要素が子要素。

PNG

ポータブル ネットワーク グラフィックスを参照してください。

ポータブル ネットワーク グラフィックス (PNG)

一部の Web ブラウザーでサポートされているグラフィック ファイル形式。ポータブル ネットワーク グラフィックスを短く、PNG をサポート画像の透明度を指定し、画像の明るさを制御別のコンピューターにします。PNG ファイルは、圧縮されたビットマップです。

処理命令

XML ドキュメントのプロローグに格納されている情報。この情報は、XML ドキュメントを使用するすべてのアプリケーションに XML パーサーを通じて渡されます。

プロパティ

コントロール、フィールド、または (サイズ、色、または画面の場所) などのオブジェクトの特性のいずれか、または (かどうか、オブジェクトが非表示) などの動作の側面を定義するように設定したオブジェクトの名前付き属性。

公開

フォーム テンプレートを他のユーザーが InfoPath または Web ブラウザーで入力をできるようにするに。フォーム テンプレートを発行するには、電子メール メッセージで送信する、SharePoint サイトまたはその他の共有の場所に保存するなどのタスクを実行します。

Q

ページの先頭へ

クエリ フィールド

クエリで使用されている値を持つフィールド。

休止

徐々 に新しいユーザー セッションの受け入れいないされ、既存のセッションを終了してファーム、サービス、またはオフラインにフォーム テンプレートを表示します。

R

ページの先頭へ

再帰セクション

他のコントロールを含むコントロールは、自分自身に挿入することができ、入れ子になった参照フィールドにバインドします。

参照フィールド

そのプロパティが常に一致するように別のフィールドに関連付けられているフィールド。1 つのフィールドのプロパティを変更する場合、その他のフィールドのプロパティが自動的に更新されます。

参照グループ

そのプロパティとグループと常に含まれているフィールドのプロパティに一致するように他のグループに関連付けられているグループ。1 つのグループのプロパティを変更する場合は、他のグループが自動的に更新されます。

繰り返しフィールド

複数回生じる可能性のあるデータ ソース内のフィールドです。箇条書き、段落番号、および標準などのコントロールが一覧表示します。繰り返しセクション繰り返しテーブルを繰り返しフィールドにバインドすることができます。

繰り返しグループ

複数回生じる可能性のあるデータ ソース内のグループ。繰り返しセクションと繰り返しテーブルなどのコントロールは、繰り返しグループにバインドされます。

繰り返しセクション

他のコントロールを含むフォーム上のコントロールには、必要に応じてだけ繰り返して表示します。ユーザーは、フォームの入力時に、複数のセクションを挿入できます。

繰り返しテーブル

表形式でその他のコントロールを含むフォーム上のコントロールには、必要に応じてだけ繰り返して表示します。ユーザーは、フォームに入力するときに複数の行を挿入できます。

リソース ファイル

.Html、.xml、.xsd ファイルは、フォームの機能をサポートするフォーム テンプレートに追加するなど、InfoPath の外部で作成されたファイル。

S

ページの先頭へ

スクロール領域

コントロールを含む、他のコントロールと垂直または水平スクロール バーが表示されることができます。スクロール領域は、レイアウトの目的にのみ使用され、データ ソースのフィールドまたはグループにバインドされていません。

セカンダリ データ ソース

XML データ ファイル、データベース、またはリスト ボックス内の項目またはスクリプトのアクションについては、フォームで使用される Web サービスをします。

ショートカット キー

ファンクション キーまたはキーの組み合わせなど、f5 キーまたは ctrl キーを押しながら、メニューのコマンドを実行するために使用します。一方、アクセス キーは、alt キーを押しながら F、メニューのコマンドまたはコントロールにフォーカスを移動するなど、キーの組み合わせです。

ショートカット メニュー

特定のアイテムに関連するコマンドの一覧が表示されるメニュー。ショートカット メニューを表示するには、アイテムを右クリックしてまたは shift キーを押しながら F10 キーを押します。

サイト コレクション

Web サイトの所有者が同じであるし、管理の設定を共有する仮想サーバー上の設定します。各サイト コレクションでは、トップレベルの Web サイトが含まれているし、1 つまたは複数のサブサイトを含めることができます。

T

ページの先頭へ

テンプレート パーツ

複数のフォーム テンプレートで再利用するために保存できるフォーム テンプレートを構成します。一般的なテンプレートのパーツは、コントロールとデータ ソースで構成され、データ接続、データの入力規則、およびルールなどの機能を含めることもします。

テキスト ボックス

コントロールをユーザーがテキストを入力できます。リッチ テキスト ボックスでは、書式を設定してデータを入力できるようにします。

U

ページの先頭へ

URL (Uniform Resource Locator)

インターネットまたはイントラネット上のプロトコル (HTTP FTP など) と、オブジェクト、ドキュメント、Web ページ、またはリンク先の場所を指定するアドレス: http://www.microsoft.com/ します。

URL

Uniform Resource Locatorを参照してください。

ユーザー フォーム テンプレート

ブラウザー対応フォーム テンプレートが、InfoPath から発行して、InfoPath Forms Services を実行するサーバーにアップロードする必要はありません。

ユーザー ロール

定義済みのカテゴリ役職またはその他の条件に基づくフォームのユーザーに割り当てることができます。役割は通常、さまざまな種類のユーザーにフォームのカスタマイズされたバージョンを発表する使用します。

V

ページの先頭へ

有効

無料の場合、または一連の規則または標準に従って適切なエラーが発生しました。たとえば、フォームに入力されたデータは、適切なフォームのデータ入力規則の設定の条件を満たしている場合です。

有効な XML

特定の制約、通常の XML スキーマ定義のセットに準拠している整形 XML ドキュメント。

VBScript

Visual Basic Scripting Editionを参照してください。

表示

フォーム テンプレートに保存およびフォームが入力されている場合は、フォームのデータに適用できるフォーム固有の表示設定を指定します。ユーザーは、フォームに表示されるデータの量を選択するビューを切り替えることができます。

Visual Basic Scripting Edition (VBScript)

解釈、オブジェクトに基づくスクリプトの言語を Microsoft Visual Basic プログラミング言語のサブセットです。

VSTA

Microsoft Visual Studio Tools for Applicationsを参照してください。

W

ページの先頭へ

Web ブラウザー

HTML を解釈するソフトウェアでは、ファイルを Web ページにそれらの書式を設定してに表示されます。Windows Internet Explorer など、Web ブラウザーでは、ハイパーリンク、ファイルの転送、Web ページに埋め込まれたサウンドまたはビデオのファイルを再生することができます。

適切な形式の XML

XML ドキュメントに準拠の最低限の条件を満たす XML ドキュメント。

ワークフロー

ドキュメントや特定の一連のアクションやビジネス プロセスに関連するタスクのアイテムの自動移動します。一貫性のあるドキュメントの承認などの一般的なビジネス プロセスを管理するかを確認するのには、ワークフローを使用できます。

X

ページの先頭へ

XHTML

拡張ハイパー テキスト マークアップ言語を参照してください。

XML

拡張マークアップ言語を参照してください。

XML 属性

等号 (=) で区切って、名前と値のペアをタグ付けされた要素に含まれる要素の機能を変更する.すべての XML 属性値は、引用符で囲まれた文字列です。

XML データ

XML 形式で保存されているデータ。InfoPath フォームは、XML データ ファイルとして保存されます。

XML 要素

開始タグ、終了タグ、およびノート シールの間の情報で構成される XML 構造です。要素では、属性を設定して、他の要素を含めることができます。

XML パス言語 (XPath)

XML ドキュメントの一部を解決するために使用する言語です。XPath では、文字列、数字、および論理値を操作するための基本的な機能も提供します。

XML スキーマ

XML ドキュメントの構造を定義するには、[XML] で、正式な仕様要素名など豊富なデータ型の組み合わせで表示する要素の各要素の属性を利用します。

XML テンプレート ファイル

ユーザー フォームのフィールドに表示されるサンプル データを含む XML ファイルを入力します。

XPath

XML パス言語を参照してください。

XSL

拡張スタイル シート言語を参照してください。

XSL 変換 (XSLT)

XML ドキュメントを他の種類の HTML または XML などのドキュメントの変換に使用される言語です。XSL の一部として使用するために設計されています。

XSLT

XSL 変換を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×