InfoPath を使用してドキュメント情報パネルをデザインする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事では、Microsoft Office InfoPath を使用して、Microsoft Office Word 2007、Microsoft Office Excel 2007、Microsoft Office PowerPoint 2007 のドキュメントに関連付けられたドキュメント情報パネルを設計する方法を説明します。

この記事の内容

ドキュメント情報パネルの概要

ドキュメント情報パネルをデザインする

SharePoint コンテンツ タイプのカスタム ドキュメント情報パネルを作成または編集する

カスタム ドキュメント情報パネルをドキュメントに追加する

ドキュメント情報パネルの概要

Office Word 2007、Office Excel 2007、および Office PowerPoint 2007 のドキュメントに表示されるドキュメント情報パネルでは、ユーザーがドキュメント管理サーバー (ドキュメント ワークスペース サイトや Windows SharePoint Services 3.0 を基にしたライブラリなど) に保存された個別のファイルまたはコンテンツ タイプのプロパティを表示および変更することができます。これらのプロパティ (メタデータ とも呼ばれる) は、ファイルを説明または特定するファイルの詳細です。ユーザーはこれらのプロパティを使用して、ドキュメントを整理、特定、および検索することができます。

ドキュメント情報パネルは、ドキュメント内にホストおよび表示される、Microsoft Office InfoPath 2007 のフォームです。2007 Microsoft Office system にドキュメント情報パネルを表示するために、コンピューターに InfoPath をインストールする必要はありませんが、ドキュメント情報パネルをデザインまたはカスタマイズするには、Office InfoPath 2007 が必要です。たとえば、Web サービスなどの外部リソースからのデータを表示するために、ドキュメント情報パネルをカスタマイズする場合、Office InfoPath 2007 を使用して、ドキュメント情報パネルをデザインする必要があります。

また、ドキュメント情報パネルをカスタマイズすると、データの入力規則などのビジネス ロジックを追加したり、組織にとって重要なカスタム プロパティを追加したりすることもできます。さらに、共通のフィールドを含むテンプレート パーツを作成すると、組織全体にわたってさまざまな 2007 Office リリース のドキュメントの種類で、ドキュメント情報パネルを効率的に再利用できるように整理できます。

ページの先頭へ

ドキュメント情報パネルをデザインする

カスタムのドキュメント情報パネルをデザインした場合、Office Word 2007、Office Excel 2007、および Office PowerPoint 2007 の複数のドキュメントでドキュメント情報パネルを使用したり、複数のドキュメント情報パネルをデザインしたりすることができます。たとえば、特定のドキュメントを特定のプロジェクトと関連付ける場合、それらのドキュメントのみで使用されるドキュメント情報パネルに、固有のフィールドを使用する必要があることがあります。

組織が複数のドキュメント情報パネルを使用している場合でも、ドキュメント情報パネルごとにいくつかの共通プロパティを含めることができます。ドキュメント情報パネルのデザイン時に、簡単に共通プロパティを再利用するために、テンプレート パーツを使用することを検討します。テンプレート パーツを作成および使用すると、組織のキー メタデータが一貫性のあるトーン、構造、および動作であることを確認するために役立ちます。たとえば、組織では、各ドキュメント情報パネルに作成者だけでなく、役職というフィールドを含めることを要求することができます。これらの一般的なフィールドを使用するテンプレート パーツをデザインすると、簡単に複数のドキュメント情報パネルでテンプレート パーツを再利用できます。

以下の手順では、2007 Office リリースのドキュメントで使用するドキュメント情報パネルをデザインする方法を説明します。

  1. [ファイル] メニューで [フォーム テンプレートのデザイン] をクリックします。

  2. [新しくデザイン] の [フォーム テンプレートのデザイン] ダイアログ ボックスで、[フォーム テンプレート] をクリックします。

  3. [作成元] ギャラリーで [空白] をクリックし、[OK] をクリックします。これにより、フォーム テンプレートのデザイン時にデータ ソースを定義できるようになります。

    XML ドキュメントや、Dublin Core プロパティなどの XML スキーマを基にしてフォーム テンプレートをデザインすることもできます。さらに、Web サービス、データベース、またはデータ接続ライブラリでの設定を使って、フォーム テンプレートをデザインすることもできます。データ ソースに基づくフォーム テンプレートのデザインについての情報は、[参照] セクションで見つかります。

  4. ドキュメント情報パネルとして使用するフォーム テンプレートをデザインします。

    共通のフィールドを含むテンプレート パーツを作成すると、組織全体にわたってさまざまな 2007 Office リリース のドキュメントの種類で、ドキュメント情報パネルを効率的に再利用できるように整理できます。テンプレート パーツを作成し、[コントロール] 作業ウィンドウに追加してあると、次の手順を使ってテンプレート パーツをフォーム テンプレートに挿入できます。

    1. フォーム テンプレート上で、テンプレート パーツを挿入する位置にカーソルを置きます。

    2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

    3. [コントロールの挿入] ボックスの一覧の [カスタム コントロール] で、挿入するテンプレート パーツの名前をクリックします。

      テンプレート パーツが、フォーム テンプレートのセクション コントロール内に表示されます。フォーム テンプレートにテンプレート パーツが挿入されると、[セクション (テンプレート パーツ: <名前>)] というセクション ラベルが表示されます。ここで、<名前> はテンプレート パーツ ファイルの名前を示します。

      テンプレート部のプレゼンスを示すフォームのテンプレートのラベル

  5. 既定のビューおよびフォーム テンプレートの他のビューの名前を変更します。

    方法

    1. [表示] メニューの [ビューの管理] をクリックします。

    2. [ビュー] 作業ウィンドウで、名前を変更するビューをクリックし、[ビューのプロパティ] をクリックします。

    3. [全般] タブをクリックします。

    4. [ビュー名] ボックスに、ビューの新しい名前を入力します。

    注: フォーム テンプレートに含まれるビューが 1 つだけであっても、"カスタム プロパティ" のようなわかりやすい名前を付ける必要があります。ドキュメントでドキュメント情報パネルを表示すると、ビューの名前が [プロパティのビューとオプション] リストに表示されます。

  6. ドキュメント情報パネルを共有ネットワーク フォルダーに発行します。

    方法

    1. [ファイル] メニューの [発行] をクリックします。

    2. 発行ウィザードの [ネットワークの場所へ] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    3. ウィザードの次のページの [参照] をクリックします。

    4. フォーム テンプレートの発行先とする共有ネットワーク フォルダーを参照し、[OK] をクリックします。

    5. ウィザードの次のページで、[フォーム テンプレートの名前] ボックスのパスとフォーム テンプレートの名前が正しいことを確認して、[次へ] をクリックします。

    6. ウィザードの次のページで、この共有ネットワーク フォルダーへの代替パス (パブリック Uniform Resource Locator (URL) など) がある場合は、パスをボックスに入力して、[次へ] をクリックします。

    7. ウィザードの次のページの [発行] をクリックします。

      フォーム テンプレートが正常に発行された場合、ウィザードの最後のページで確認メッセージが表示されます。

    SharePoint サイトにドキュメント情報パネルを発行することもできます。SharePoint サイトへの発行については、[参照] セクションを参照してください。

ページの先頭へ

SharePoint コンテンツ タイプのカスタム ドキュメント情報パネルを作成または編集する

ドキュメント コンテンツ タイプや Dublin Core 列コンテンツ タイプ (Microsoft Office SharePoint Server 2007 を実行しているサーバーで使用できます) に基づいてサイト コンテンツ タイプを作成すると、SharePoint のプロパティを追跡するためにドキュメント情報パネルが自動的に作成されます。Office InfoPath 2007 を使うと、InfoPath フォーム テンプレートをカスタマイズするときと同じ方法で、この種類のドキュメント情報パネルをカスタマイズできます。たとえば、次のようにドキュメント情報パネルをカスタマイズできます。

  • データの入力規則や条件付き書式などの機能を追加します。

  • セカンダリ データ接続をドキュメント情報パネルに追加し、データ ソースのフィールドからのデータを表示するコントロールを追加します。

  • 新しいビューを作成し、データの追跡に使用できる一般的なフィールドを含むテンプレート パーツを追加します。

    注: ドキュメント情報パネルが SharePoint コンテンツ タイプ スキーマに基づいているときは、そのスキーマの一部ではないフィールドを追加することによってドキュメント情報パネルをカスタマイズすることはできません。コンテンツ タイプ スキーマのフィールドを追加または削除するには、コンテンツ タイプに列を追加するか、コンテンツ タイプから列を削除する必要があります。

カスタム ドキュメント情報パネルを作成または編集する

  1. [ファイル] メニューで [フォーム テンプレートのデザイン] をクリックします。

  2. [新しくデザイン] の [フォーム テンプレートのデザイン] ダイアログ ボックスで、[フォーム テンプレート] をクリックします。

  3. [作成元] ボックスの一覧で [XML/スキーマ] をクリックして、[OK] をクリックします。

    注: ドキュメント情報パネルは Web ページの一部としてではなく 2007 Office リリース ドキュメントの一部としてのみ表示されるので、[ブラウザー互換の機能のみを有効にする] チェック ボックスをオンにしないでください。

  4. データ ソース ウィザードで、SharePoint サーバーの URL を入力し、[次へ] をクリックします。

  5. [リストまたは Web サイトの選択] ボックスの一覧で、使用するコンテンツ タイプの名前をクリックし、[次へ] をクリックします。

  6. [完了] をクリックします。

    コンテンツ タイプ スキーマのドキュメント情報パネルが開きます。

  7. 必要に応じてドキュメント情報パネルを変更し、フォーム テンプレートを保存します。

    注: ドキュメント情報パネルはフォーム テンプレートのメイン データ ソースであるコンテンツ タイプ スキーマに基づいているので、そのスキーマの一部ではないフィールドを追加することによってドキュメント情報パネルをカスタマイズすることはできません。コンテンツ タイプのスキーマに新しいフィールドを追加して、ドキュメント情報パネルに対してフィールドを追加または削除するには、コンテンツ タイプに列を追加するか、コンテンツ タイプから列を削除する必要があります。

  8. [ファイル] メニューの [発行] をクリックします。

  9. 発行ウィザードで [SharePoint のサイト コンテンツ タイプまたはリスト コンテンツ タイプのドキュメント情報パネル テンプレートとして(推奨)] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    注:  [SharePoint のサイト コンテンツ タイプまたはリスト コンテンツ タイプのドキュメント情報パネル テンプレートとして(推奨)] は、手順 3 で [XML/スキーマ] をクリックした場合にのみ、ウィザードのこのページに表示されます。

  10. ウィザードの次のページの [発行] をクリックします。

    フォーム テンプレートが正常に発行された場合、ウィザードの最後のページで確認メッセージが表示されます。

ページの先頭へ

カスタム ドキュメント情報パネルをドキュメントに追加する

カスタムのドキュメント情報パネルを作成した後に使用できるようにするには、ドキュメントと関連付ける必要があります。これを行うには、最初にドキュメント情報パネルを使用するプログラムで、リボンの [開発者] タブをアクティブにする必要があります。その後、URL、UNC、または URN のファイル パスを使用して、ドキュメント情報パネルの場所を指定できます。さらに、ドキュメントを開いたときに、既定でドキュメント情報パネルを表示することを選択できます。また、ドキュメントを開いたときに、作成したカスタム プロパティを既定で表示するかどうかを選択することもできます。

以下の手順では、ドキュメント情報パネルを Office Word 2007、Office Excel 2007、または Office PowerPoint 2007 のドキュメントと関連付ける方法を説明します。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[<プログラム名> のオプション] をクリックします。<プログラム名> は使用しているプログラムの名前です。たとえば、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [<プログラム名> のオプション] ダイアログ ボックスで、[基本設定] をクリックし、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

    リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの一部です。

  3. Office Fluent のリボンの [開発] タブをクリックし、[ドキュメント パネル] をクリックします。

  4. [ドキュメント情報パネル] ダイアログ ボックスの [カスタム テンプレートの指定 (URL、UNC、または URN)] で、ドキュメントに追加するドキュメント情報パネルの場所を入力します。

  5. 既定でドキュメントにカスタム プロパティを表示するには、[既定で表示] ボックスの一覧で [カスタム プロパティ] をクリックします。

  6. ドキュメント情報パネルを既定で表示するには、[ドキュメントを開くときと、初めて保存するときにドキュメント情報パネルを必ず表示する] チェック ボックスをオンします。

Office Word 2007、Office Excel 2007、および Office PowerPoint 2007 のドキュメントで、ドキュメント情報パネルのプロパティを表示または変更するだけでなく、Office Word 2007 では、ユーザーはドキュメント情報パネルからプロパティを、文書自体のプロパティ コントロールとして追加することができます。たとえば、会社住所の複数のインスタンスを、ドキュメント内のプロパティ コントロールとして追加することができます。ドキュメント情報パネルの情報が変更されると、これらのプロパティ コントロールは更新されます。

Office Word 2007 文書の追加に関する詳細については、[参照] セクションを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×