InfoPath で使用するショートカット キー

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このヘルプ トピックでは、Microsoft Office InfoPath フォームへの入力時のキーボード ショートカットについて説明します。

英語 (U.S.) バージョンのプログラムと共にドイツ語のキーボード レイアウトを使用するなど、プログラムの言語バージョンとは異なるキーボード レイアウトを使用する場合、以下に示すキーボード ショートカットの一部の動作は異なることがあります。

同時に複数のキーを押すショートカット キーについては、キーを正符号 (+) で区切って示しています。1 つのキーを押した後、すぐに別のキーを押すショートカットについては、コンマ (,) で区切って示しています。

ヒント: このトピックで特定のキーボード ショートカットを検索する場合は、Tab キーを押して [すべて表示] を選択し、Enter キーを押します。次に、Ctrl + F キーを押します。このトピックを印刷するには、Tab キーを押して [すべて表示] を選択し、Enter キーを押します。次に、Ctrl + P キーを押します。

フォームの入力を行う

フィールド間の移動

操作

キー

フォームのタブ オーダー内で次のフィールドに進む。

Tab

フォームのタブ オーダー内で前のフィールドに戻る。

Shift + Tab

繰り返しテーブルの行または繰り返しセクションを新規に挿入する。

Ctrl + Enter

フィールドにテキストを入力します。

操作

キー

フィールド内の単語または語句を検索する。

Ctrl + F

フィールド内の単語または語句を置換する。

Ctrl + H

選択されているテキストまたは項目を切り取る。

Ctrl + X

選択されているテキストをコピーする。

Ctrl + C

テキストまたは項目を貼り付ける。

Ctrl + V

選択されている日付の選択コントロールを表示する。

Alt + ↓

エントリの先頭に移動します。

Home

エントリの末尾に移動します。

End

左へ 1 文字分移動します。

右へ 1 文字分移動します。

左へ 1 単語分移動します。

Ctrl + ←

右へ 1 単語分移動します。

Ctrl + →

左に 1 文字削除します。

BackSpace

右に 1 文字削除します。

Del

左に 1 単語削除します。

Ctrl + BackSpace

右に 1 単語削除します。

Ctrl + Del

ユーロ通貨記号を挿入する。

Ctrl + Alt + E

改行を挿入する。

Shift + Enter

フィールドにテキストを選択します。

操作

キー

左にある文字を選択または選択解除する。

Shift + ←

右にある文字を選択または選択解除する。

Shift + →

左にある単語を選択または選択解除する。

Ctrl + Shift + ←

右にある単語を選択または選択解除する。

Ctrl + Shift + →

カーソル位置から行の先頭までを選択する。

Shift + Home

カーソル位置から行の末尾までを選択する。

Shift + End

複数行のフィールドで、カーソル位置から項目の先頭までを選択する。

Ctrl + Shift + Home

複数行のフィールドで、カーソル位置から項目の末尾までを選択する。

Ctrl + Shift +End

フィールド内のテキストを書式設定

リッチ テキスト フィールドを書式設定をサポートして、テキストに加えてグラフィックでのみのテキストの書式を設定することができます。

ヒント: リッチ テキストのフィールドがあるかどうかをすばやく確認するには、フィールドにカーソルを置きます。書式設定] ツールバーのボタンが表示された場合の代わりにアクティブな淡色表示されている、フィールドがリッチ テキスト フィールドとします。

操作

キー

選択されているテキストからすべての書式を削除する。

Ctrl + Space

ハイパーリンクを挿入します。

Ctrl + K

選択したテキストに太字を適用する/選択したテキストから太字を削除する。

Ctrl + B

選択したテキストに斜体を適用する/選択したテキストから斜体を削除する。

Ctrl + I

選択されているテキストに下線の書式を適用または削除する。

Ctrl + U

選択されているテキストに取り消し線の書式を適用または削除する。

Alt + Shift + K

選択されているテキストに上付きの書式を適用または削除する。

Ctrl + Shift + 等号 (=) キー

選択したテキストに下付き文字を適用します。または、選択したテキストから下付き文字を削除します。

Ctrl + =

選択されているテキストから書式をコピーする。

Ctrl + Shift + C

選択されているテキストに、コピーした書式を適用する。

Ctrl + Shift + V

選択されているテキストに標準スタイルを適用または削除する。

Ctrl + Shift + N

選択されているテキストに見出し 1 スタイルを適用または削除する。

Alt + Ctrl + 1

選択されているテキストに見出し 2 スタイルを適用または削除する。

Alt + Ctrl + 2

選択されているテキストに見出し 3 スタイルを適用または削除する。

Alt + Ctrl + 3

選択されている段落に対して箇条書きの書式を適用または削除する。

Ctrl + Shift + L

段落を左からインデントします。

Ctrl + M

段落のインデントを左から削除します。

Ctrl + Shift + M

選択されている段落を両端揃えにする。

Ctrl + J

選択されている段落を右揃えにする。

Ctrl + R

選択されている段落を中央揃えにする。

Ctrl + E

選択されている段落を左揃えにする。

Ctrl + L

選択されているテキストにフォントを適用する。

Ctrl + Shift + F

選択されているテキストにフォント サイズを適用する。

Ctrl + Shift + P

選択されているテキストのフォント サイズを 2 ポイント大きくする。

Ctrl + Shift + ,

選択されているテキストのフォント サイズを 2 ポイント小さくする。

Ctrl + Shift + .

選択されているテキストのフォント サイズを 1 ポイント大きくする。

Ctrl + ]

選択されているテキストのフォント サイズを 1 ポイント小さくする。

Ctrl + [

[フォント] 作業ウィンドウを開く。

Ctrl + D

右から左にテキストを操作します。

次のショートカット キーが有効になるのは、右から左へ書き進む言語をインストールしている場合のみです。

操作

キー

段落の方向を右から左に書き進むように変更する。

Ctrl + 右 Shift

段落の方向を左から右に書き進むように変更する。

Ctrl + 左 Shift

表を操作します。

次のショートカット キーが有効になるのは、リッチ テキスト フィールド内のみです。

ヒント: リッチ テキストのフィールドがあるかどうかをすばやく確認するには、フィールドにカーソルを置きます。書式設定] ツールバーのボタンが表示された場合の代わりにアクティブな淡色表示されている、フィールドがリッチ テキスト フィールドとします。

操作

キー

他の列の幅を変更せずに、列の幅を左方向に変更する。

Shift キーを押しながらポインタをドラッグする

隣接するセル間を移動する。

方向キー (セルにテキストが含まれる場合は繰り返し押す)

選択されているすべての行または列のサイズを、同じ高さまたは幅に変更する。

Alt キーを押しながらポインタをドラッグする

表のセルの内容を選択する。

F2

修正して変更を保存します。

操作

キー

直前の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

直前の操作をやり直します。

Ctrl + Y

次の入力規則エラーを表示する。

Ctrl + Shift + E

選択された入力規則エラーの詳細を表示する。

Ctrl + Shift + S

スペル チェックを行う。

F7

[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを表示する。

Shift + F12

フォームを保存する。

Ctrl + S

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×