InfoPath での XML 技術の利用

Microsoft Office InfoPath は、拡張マークアップ言語 (XML) と関連する技術に基づいてフォーム テンプレートを作成するために使用される、Microsoft Office system アプリケーションです。XML は、データを記述、整理、および交換するための業界標準の言語です。InfoPath では、フォーム テンプレートは XML 技術に基づいていて、フォーム データは XML 形式で保存または送信されます。InfoPath では次の XML 技術を使用しています。

  • XSL Transformation (XSLT)

  • XML Schema

  • Extensible Hypertext Markup Language (XHTML)

  • XML Path Language (XPath)

  • Extensible Hypertext Markup Language (XHTML)Document Object Model (DOM)

  • XML Signature

    注: これらの技術の詳細については、World Wide Web Consortium (W3C) Web siteにアクセスし、各技術を検索してください。

これらの技術を管理している World Wide Web Consortium (W3C) では、異なるコンピュータやアプリケーションで簡単に生成や処理ができるファイルを作成するための約束事や決まり事、および指針を勧告しています。このような XML 技術のサポートに加えて、InfoPath では特別なprocessing instructionsおよびnamespaceが使用され、また、InfoPath オブジェクト モデル経由で DOM にアクセスするための多数のメソッドも用意されています。

次に示した XML 技術の詳細について必ずしもすべてを理解する必要はありませんが、これらの技術が InfoPath 内でどのように利用されているかを理解する手助けとなるように、次の表を示しておきます。

技術

説明

XML

XML は、InfoPath フォームによって作成されるドキュメントの出力形式です。ユーザーによる入力前にフォームのフィールドにサンプル データを表示するためにも使用されます。InfoPath では XML バージョン 1.0 の標準を使用します。

XSLT

XSLT は、フォーム テンプレートのデザイン時に生成されるビュー ファイルの形式です。InfoPath では、XML データの表示を目的とする XSL Formatting Objects (XSL-FO) の使用も、任意の .xsl ファイルのインポートもサポートされていません。InfoPath では XSLT バージョン 1.0 の標準を使用します。

XML スキーマ

XML スキーマは、フォーム内でのdata validationで使用される主要な入力規則であり、フォーム テンプレートによって作成される XML ドキュメントの基本構造を定義しています。また、フォーム テンプレートのデザイン時に InfoPath によって作成されるform definition fileの構造も定義しています。InfoPath では、XDR (XML-Data Reduced) または文書型定義 (DTD) の仕様に準拠するスキーマはサポートされていません。InfoPath では XML スキーマ バージョン 1.0 の標準を使用します。

XHTML

XHTML は整形式の HTML であり、主にリッチ テキスト領域を作成するときに使用されます。InfoPath では XHTML バージョン 1.0 の標準を使用します。

XPath

XPath 式は、フォーム テンプレートのdata source内のフィールドおよびグループにコントロールをbindするときに使用されます。XPath 式は、データの入力規則とconditional formattingの式にも使用されます。InfoPath では XPath バージョン 1.0 の標準を使用します。

DOM

DOM は、フォーム テンプレートによって作成されたソース XML ドキュメントの内容にプログラムからアクセスするために使用されます。また、.xsf ファイルの内容に読み取り専用でアクセスするためにも使用されます。InfoPath では DOM バージョン 1.0 の標準を使用します。

XML 署名

XML 署名は、InfoPath フォームにデジタル署名を付けるために使用されます。有効になっている場合、各 InfoPath フォームには 1 つまたは複数のデジタル署名を付けることができます。InfoPath では、フォームの部品に対する署名、およびフォーム全体の署名がサポートされています。

XML プロセッサ

XML プロセッサは、ドキュメントのソース XML をコンピュータの動的メモリに読み込み、XML スキーマを使用して検証したり、XSLT を使用してドキュメントのビューを作成したりするために使用されます。InfoPath でサポートされる XML プロセッサは Microsoft XML Core Services (MSXML) Version 5.0 です。このプロセッサの以前のバージョンはサポートされていません。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×