InfoPath からリスト ツールへのフィールドの対応付け

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

InfoPath フォーム テンプレート ソリューションを SharePoint Workspace のリスト ツールにインポートすると、フィールドの型が、リスト ツールでサポートされている型に対応付けられます。リスト ビューでは、さまざまなフィールドの型を参照することができます。

次の表は、InfoPath からリスト ツールにインポートされたフィールドの型がどのように対応付けられるか、および、それぞれのフィールドの型をリスト ビューの列として参照できるかどうかを一覧にしたものです。

InfoPath のフィールドの型

リスト ツールのフィールドの型

リスト ビューでの利用の可否

テキスト

Text

コンボ ボックス

Text

日付の選択

DateTime

日付と時刻の選択

DateTime

リッチ テキスト

RichText

チェック ボックス

Boolean

ドロップダウン リスト ボックス

Text

オプション ボタン

Text

リスト ボックス

Text

複数選択

XML

不可

箇条書き

XML

不可

段落番号

XML

不可

標準リスト

XML

不可

添付ファイル

Base64Encoded

不可*

画像

Base64Encoded

不可

インク描画

Base64Encoded

不可

ハイパーリンク

XML

不可

* が、添付ファイル フィールドには利用できませんリスト ビューで、ファイルを添付ファイルを含むアイテムの添付ファイル アイコンを表示する列を追加できます。詳細については、リスト ビューのプロパティの設定を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×