InfoPath からリスト ツールへのフィールドの対応付け

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

InfoPath フォーム テンプレート ソリューションを SharePoint Workspace のリスト ツールにインポートすると、フィールドの型が、リスト ツールでサポートされている型に対応付けられます。リスト ビューでは、さまざまなフィールドの型を参照することができます。

次の表は、InfoPath からリスト ツールにインポートされたフィールドの型がどのように対応付けられるか、および、それぞれのフィールドの型をリスト ビューの列として参照できるかどうかを一覧にしたものです。

InfoPath のフィールドの型

リスト ツールのフィールドの型

リスト ビューでの利用の可否

テキスト

Text

コンボ ボックス

Text

日付の選択

DateTime

日付と時刻の選択

DateTime

リッチ テキスト

RichText

チェック ボックス

Boolean

ドロップダウン リスト ボックス

Text

オプション ボタン

Text

リスト ボックス

Text

複数選択

XML

不可

箇条書き

XML

不可

段落番号

XML

不可

標準リスト

XML

不可

添付ファイル

Base64Encoded

不可*

画像

Base64Encoded

不可

インク描画

Base64Encoded

不可

ハイパーリンク

XML

不可

* が、添付ファイル フィールドには利用できませんリスト ビューで、ファイルを添付ファイルを含むアイテムの添付ファイル アイコンを表示する列を追加できます。詳細については、リスト ビューのプロパティの設定を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×