In 演算子

式の値が指定した一覧のいくつかの値のどれかと等しいかどうかを判断します。

構文

expr [Not] In(value1, value2, . . .)

解説

In 演算子の構文には次の引数があります。

引数

説明

expr

評価するデータを含むフィールドを識別する式。

value1, value2

expr を評価する対象となる 1 つの式または式一覧。


expr が値の一覧にある場合In 演算子は True を返します。そうでない場合は、False を返します。Not 論理演算子を含めて、反対の条件 (つまり、expr が一連の値にないかどうか) を評価することができます。

たとえば、In を使用して、どの注文が指定した地域一覧に発送されるか決定できます。

SELECT *
FROM Orders
WHERE ShipRegion In (‘Avon’,’Glos’,’Som’);



Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×