In 演算子

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

指定した値のリストにあるいずれかの値と式の値とが等しいかどうかを判断します。

構文

expr [Not] In(value1, value2, . . .)

解説

In 演算子には、次の指定項目があります。

引数

説明

expr

評価するデータが格納されたフィールドを識別する式。

value1value2

引数 expr を評価するための式。


引数 expr が値のリストの中にあれば、In 演算子は True を返します。リストの中になければ、False を返します。Not 論理演算子を組み合わせれば、反対の条件 (引数 expr が値のリストの中にないかどうか) を評価することができます。

次の例では、In 演算子を使用して、注文品が指定の地域に発送されたかどうかを判断します。

SELECT *
FROM Orders
WHERE ShipRegion In (‘Avon’,’Glos’,’Som’);



注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×