ImportExportData マクロ アクション

"ImportExportData/データのインポート/エクスポート" マクロ アクションを使って、現在の Access データベース (.mdb または .accdb) または Access プロジェクト (.adp) と別のデータベース間でデータをインポートまたはエクスポートすることができます。Access デスクトップ データベースでは、現在の Access データベースに別のデータベースからテーブルをリンクすることもできます。リンク テーブルを使えば、テーブル自体は他のデータベースにある状態で、そのテーブルのデータにアクセスすることができます。

注: Access 2010 から、"TransferDatabase/データベース変換" マクロ アクションは "ImportExportData/データのインポート/エクスポート" という名前に変更されました。

注: このアクションは、データベースが信頼されていない場合は許可されません。

設定

"ImportExportData/データのインポート/エクスポート" マクロ アクションには次の引数があります。

アクションの引数

説明

Transfer Type/変換の種類

変換の種類です。マクロ デザイン ウィンドウの [アクションの引数] セクションの [変換の種類] ボックスで、[インポート]、[エクスポート]、または [リンク] を選びます。既定値は [インポート] です。

注: Access プロジェクト (.adp) では、変換の種類として [リンク] はサポートされていません。

Database Type/データベースの種類

インポート、エクスポート、またはリンクするデータベースの種類です。[データベースの種類] ボックスで、[Microsoft Access] を選ぶことも、他のいくつかのデータベースの種類からいずれかを選ぶこともできます。既定値は [Microsoft Access] です。

Database Name/データベース名

インポート、エクスポート、またはリンクするデータベースの名前です。フル パスを含めます。これは必須の引数です。

FoxPro、Paradox、dBASE など、テーブルごとにそれぞれ別のファイルを使うデータベースの種類では、ファイルを含むディレクトリを入力します。"Source/データベース元" 引数 (インポートまたはリンクの場合) または "Destination/変換先名" 引数 (エクスポートの場合) にファイル名を入力します。

ODBC データベースでは、完全な Open Database Connectivity (ODBC) 接続文字列を入力します。

接続文字列の例を表示する場合は、次のように外部テーブルを Access にリンクします。

  1. [外部データ] タブの [インポート] グループで、[Access] をクリックします。

  2. [外部データの取り込み] ダイアログ ボックスの [ファイル名] ボックスに、ソース データベースのパスを入力します。

  3. [リンク テーブルを作成してソース データにリンクする] をクリックし、[OK] をクリックします。

  4. [テーブルのリンク] ダイアログ ボックスでテーブルを選び、[OK] をクリックします。

デザイン ビューで新しくリンクされたテーブルを開き、[デザイン] タブの [ツール] にある [プロパティ シート] をクリックしてテーブル プロパティを表示します。[説明] プロパティー設定のテキストは、このテーブルの接続文字列です。

ODBC 接続文字列の詳細については、ヘルプ ファイル、またはこの種の ODBC データベースの ODBC ドライバーに関する他のドキュメントを参照してください。

オブジェクトの種類

インポートまたはエクスポートするオブジェクトの種類です。"Database Type/データベースの種類" 引数として [Microsoft Access] を選んだ場合は、[オブジェクトの種類] ボックスで [テーブル]、[クエリ]、[フォーム]、[レポート]、[マクロ]、[モジュール]、[データ アクセス ページ]、[サーバー ビュー]、[ダイアグラム]、[ストアド プロシージャ]、[関数] を選ぶことができます。既定値は [テーブル] です。他の種類のデータベースを選んだ場合や、[変換の種類] ボックスで [リンク] を選んだ場合、この引数は無視されます。

Access データベースに 選択クエリ をエクスポートする場合は、この引数で [テーブル] を選んでクエリの 結果セット をエクスポートし、[クエリ] を選んでクエリ自体をエクスポートします。選択クエリを別の種類のデータベースにエクスポートする場合、この引数は無視され、クエリの結果セットがエクスポートされます。

Source/データベース元

インポート、エクスポート、またはリンク対象のテーブル、選択クエリ、または Access オブジェクトの名前です。FoxPro、Paradox、または dBASE などの一部の種類のデータベースの場合、これはファイル名になります。ファイル名にはファイル名拡張子 (.dbf など) を含めます。これは必須の引数です。

Destination/変換先名

変換先データベースにインポート、エクスポート、またはリンクされるテーブル、選択クエリ、または Access オブジェクトの名前です。FoxPro、Paradox、または dBASE などの一部の種類のデータベースの場合、これはファイル名になります。ファイル名にはファイル名拡張子 (.dbf など) を含めます。これは必須の引数です。

"Transfer Type/変換の種類" 引数として [インポート] を選び、"Object Type/オブジェクトの種類" 引数として [テーブル] を選んだ場合、Access では、インポートしたテーブルのデータを含む新しいテーブルが作成されます。

テーブルまたは他のオブジェクトをインポートしたときに、既存の名前と競合する場合は、名前に番号が追加されます。たとえば、"従業員" をインポートしたときに、既に "従業員" が存在する場合、Access ではインポートしたテーブルまたは他のオブジェクトの名前が "従業員1" に変更されます。

Access データベースまたは別のデータベースにエクスポートすると、Access では、同じ名前の既存のテーブルまたは他のオブジェクトが自動的に置き換えられます。

Structure Only/テーブル構造のみ

データのないデータベース テーブルの構造のみをインポートするかエクスポートするかを指定します。[はい] または [いいえ] を選びます。既定値は [いいえ] です。

解説

Access と他の種類のデータベース間でテーブルをインポートおよびエクスポートすることができます。Access の選択クエリを他の種類のデータベースにエクスポートすることもできます。Access では、テーブル形式でクエリの結果セットがエクスポートされます。対象のデータベースが両方とも Access データベースである場合は、Access データベース オブジェクトのインポートとエクスポートが可能です。

別の Access データベース (.mdb または .accdb) からリンク テーブルをインポートする場合、インポート後もテーブルはリンクされたままです。つまり、テーブル自体ではなく、リンクがインポートされることになります。

アクセスしようとしているデータベースでパスワードが必要な場合は、マクロの実行時にダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスでパスワードを入力します。

"ImportExportData/データのインポート/エクスポート" アクションは、[外部データ] タブの [インポート] または [エクスポート] にあるコマンドと同様のものです。これらのコマンドを使って、Access または別の種類のデータベース、スプレッドシート、テキスト ファイルなど、データのソースを選ぶことができます。データベースを選んだ場合、1 つ以上のダイアログ ボックスが表示されます。そこで、インポートまたはエクスポートするオブジェクトの種類 (Access データベースの場合)、オブジェクト名、およびインポート、エクスポート、またはリンク対象のデータベースに応じて、他のオプションを選ぶことができます。"ImportExportData/データのインポート/エクスポート" アクションの引数には、これらのボックスのオプションが反映されます。

リンクされた dBASE テーブルのインデックス情報を指定する場合は、まず、次のようにしてテーブルをリンクします。

  1. [外部データ] タブの [インポート] グループで、[その他] をクリックします。

  2. [dBASE ファイル] をクリックします。

  3. [外部データの取り込み] ダイアログ ボックスの [ファイル名] ボックスに、dBASE ファイルのパスを入力します。

  4. [リンク テーブルを作成してソース データにリンクする] をクリックし、[OK] をクリックします。

  5. このコマンドのダイアログ ボックスでインデックスを指定します。Access では、Microsoft Office フォルダーにある、特別な情報 (.inf) ファイルにインデックス情報が格納されます。

  6. これで、リンク テーブルへのリンクを削除できます。

次回、"ImportExportData/データのインポート/エクスポート" アクションを使ってこの dBASE テーブルをリンクするときに、Access では、指定したインデックス情報が使用されます。

注: リンク テーブルのクエリまたはフィルターを実行する場合、そのクエリまたはフィルターでは大文字と小文字が区別されます。

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールで "ImportExportData/データのインポート/エクスポート" アクションを実行するには、DoCmd オブジェクトの TransferDatabase メソッドを使います。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×