If...Then...Else マクロブロック

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Access デスクトップ データベースと Access Web アプリで If マクロブロックを使用すると、一連のマクロ アクションを、式の値に応じて条件付きで実行することができます。

If expression Then 
 Insert macro actions here ... 
Else If expression 
 Insert macro actions here ... 
Else 
 Insert macro actions here ... 
End If

Access の IfThenElse マクロ ブロック

設定

IfElse If のいずれでも、以下の引数が必要です。

アクションの引数

説明

テストする条件です。真または偽のいずれかに評価できる式でなければなりません。

解説

If マクロブロックを選択すると、テキストボックスが表示され、テストする条件を示す式を入力することができます。さらにコンボ ボックスが表示され、マクロ アクションを入力できます。その下に、"End If" というテキストが自動的に表示されます。If と End If が囲む領域の中で、一連のアクション (ブロック) を指定します。入力した式が真である場合にのみ、そのブロックが実行されます。

最初の式が偽であった場合に別の式を評価するには、[Else If の追加] をクリックして追加の Else If ブロックを入力します。入力する式は、真または偽のいずれかに評価できなければなりません。この場合、最初の式が偽で次の式が真の場合のみ、そのブロックが実行されます。

If ブロックには Else If ブロックをいくつでも追加できます。

追加の Else ブロックを追加するには、[Else の追加] をクリックします。この場合、Else 以下に入力したアクションが Else ブロックとなり、それまでのアクションが実行されなかた場合のみ実行されます。1 つの If ブロックには Else ブロックを 1 つだけ指定できます。

次のコード例では、最初のブロックのマクロ アクションは、[Status] の値が 0 より大きい場合のみ実行されます。[Status] の値が 0 より大きくない場合は、Else If に続く式が評価されます。Else If ブロックのマクロ アクションは、[Status] の値が 0 に等しい場合に実行されます。最初のブロックも 2 番目のブロックも実行されなかった場合、Else ブロックが実行されます。

If [Status] > 0 Then 
 Insert macro actions here ... 
Else If [Status] = 0 
 Insert macro actions here ... 
Else 
 Insert macro actions here ... 
End If

If ブロックは、入れ子にすることができます。最初の式が真であった場合に 2番目の式を評価させたい場合は、If ブロック内に If ブロックを入れ子にします。次のコード例では、内側の If ブロックは、[Status] の値が 0 より大きく、100 より大きい場合にのみ実行されます。

If [Status] > 0 Then 
 Insert macro actions here ... 
 If [Status] > 100 
 Insert macro actions here ... 
 EndifEnd If

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×