IS 関数

この記事では値や列参照のタイプを調べるために使用される 8 種類の関数について説明します。これらの関数は一括して IS 関数と呼ばれます。IS 関数は、テストの対象の種類をチェックし、その結果に応じて TRUE または FALSE を返します。たとえば、ISBLANK 関数は、テストの対象が空白セルに対する参照のとき TRUE を返し、それ以外のとき FALSE を返します。

書式

ISBLANK(テストの対象)

ISERR(テストの対象)

ISERROR(テストの対象)

ISLOGICAL(テストの対象)

ISNA(テストの対象)

ISNONTEXT(テストの対象)

ISNUMBER(テストの対象)

ISTEXT(テストの対象)

値 テストする値を指定します。空白、エラー、論理値、文字列、数値、または列の参照を指定できます。

関数

働き

ISBLANK

テストの対象が空白セルを参照する

ISERR

テストの対象が #N/A を除くエラー値を参照する

ISERROR

テストの対象が任意のエラー値 (#N/A、#VALUE!、#REF!、#DIV/0!、#NUM!、#NAME?、または #NULL!) を参照する

ISLOGICAL

テストの対象が論理値を参照する

ISNA

テストの対象がエラー値 #N/A (使用する値がない) を参照する

ISNONTEXT

テストの対象が文字列でない項目を参照する (テストの対象が空白セルを参照するときも TRUE になるので注意してください)

ISNUMBER

テストの対象が数値を参照する

ISTEXT

テストの対象が文字列を参照するとき

解説

  • IS 関数に対する引数は自動的に変換されません。ほとんどの場合、数値を必要とする関数の引数に "19" という文字列を指定すると、自動的に 19 という数値に変換されて計算が行われます。ただし、ISNUMBER("19") という数式では、文字列の "19" は数値に変換されず、論理値 FALSE が返されます。

  • IS 関数は、数式で計算結果を調べるために役立ちます。特に、IF 関数と組み合わせることにより、数式内でエラーの位置を調べるために利用できます (次の使用例を参照してください)。

使用例 1

説明 (結果)

=ISLOGICAL(TRUE)

TRUE が論理値かどうかを判定します (Yes)

=ISLOGICAL("TRUE")

"TRUE" が論理値かどうかを判定します (No)

=ISNUMBER(4)

4 が数値かどうかを判定します (Yes)

使用例 2

列 1

説明 (結果)

=ISBLANK([列 1])

列 1 が空白かどうかを判定します (No)

#REF!

=ISERROR([列 1])

列 1 の値がエラーかどうかを判定します (Yes)

#REF!

=ISNA([列 1])

列 1 の値がエラー値 #N/A かどうかを判定します (No)

#N/A

=ISNA([列 1])

列 1 の値がエラー値 #N/A かどうかを判定します (Yes)

#N/A

=ISERR([列 1])

列 1 の値がエラーかどうかを判定します (No)

330.92

=ISNUMBER([列 1])

列 1 の値が数値かどうかを判定します (Yes)

地域 1

=ISTEXT([列 1])

列 1 の値が文字列かどうかを判定します (Yes)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×