IRM で保護できるファイル形式

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office プログラム別の設定方法

Word

Excel

PowerPoint

Outlook

Word

個人と開発者は Information Rights Management (IRM) を使用して、文書、ブック、プレゼンテーション、メール メッセージにアクセス許可を設定できます。 この結果、許可のないユーザーによる機密性の高い情報の印刷、転送、またはコピーを防止できます。 IRM を使用してファイルのアクセス許可を制限した後は、意図していない宛先にそのファイルが到達した場合でも、アクセスと使用に対する制限が適用されます。 文書、ブック、プレゼンテーション、メール メッセージ自体に、アクセス許可が保存されているためです。

IRM を使用して、以下のファイルの種類を保護できます。 また、Outlook で権限が管理されているメッセージに添付された場合、これらのファイルも自動的に権限の管理対象となります。

Word ファイル

ファイルの種類

ファ イル名拡張子

文書

.doc と .docx

マクロを有効にした文書

.docm

Word テンプレート

.dot と .dotx

マクロを有効にしたテンプレート

.dotm

Excel ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

ブック

.xls と .xlsx

マクロを有効にしたブック

.xlsm

Excel テンプレート

.xlt と .xltx

マクロを有効にしたテンプレート

.xltm

XML 形式でないバイナリ ブック

.xlsb

マクロを有効にしたアドイン

.xla と .xlam

PowerPoint ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

プレゼンテーション

.ppt と .pptx

マクロを有効にしたプレゼンテーション

.pptm

PowerPoint テンプレート

.pot と .potx

マクロを有効にしたテンプレート

.potm

スライド ショー

.pps と .ppsx

マクロを有効にしたスライド ショー

.ppsm

Office テーマ

.thmx

関連項目

文書を保存する場合のファイル形式

Excel

個人と開発者は Information Rights Management (IRM) を使用して、文書、ブック、プレゼンテーション、メール メッセージにアクセス許可を設定できます。 この結果、許可のないユーザーによる機密性の高い情報の印刷、転送、またはコピーを防止できます。 IRM を使用してファイルのアクセス許可を制限した後は、意図していない宛先にそのファイルが到達した場合でも、アクセスと使用に対する制限が適用されます。 文書、ブック、プレゼンテーション、メール メッセージ自体に、アクセス許可が保存されているためです。

IRM を使用して、以下のファイルの種類を保護できます。 また、Outlook で権限が管理されているメッセージに添付された場合、これらのファイルも自動的に権限の管理対象となります。

Word ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

文書

.doc と .docx

マクロを有効にした文書

.docm

Word テンプレート

.dot と .dotx

マクロを有効にしたテンプレート

.dotm

Excel ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

ブック

.xls と .xlsx

マクロを有効にしたブック

.xlsm

Excel テンプレート

.xlt と .xltx

マクロを有効にしたテンプレート

.xltm

XML 形式でないバイナリ ブック

.xlsb

マクロを有効にしたアドイン

.xla と .xlam

PowerPoint ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

プレゼンテーション

.ppt と .pptx

マクロを有効にしたプレゼンテーション

.pptm

PowerPoint テンプレート

.pot と .potx

マクロを有効にしたテンプレート

.potm

スライド ショー

.pps と .ppsx

マクロを有効にしたスライド ショー

.ppsm

Office テーマ

.thmx

関連項目

ブックを保存する場合のファイル形式

PowerPoint

個人と開発者は Information Rights Management (IRM) を使用して、文書、ブック、プレゼンテーション、メール メッセージにアクセス許可を設定できます。 この結果、許可のないユーザーによる機密性の高い情報の印刷、転送、またはコピーを防止できます。 IRM を使用してファイルのアクセス許可を制限した後は、意図していない宛先にそのファイルが到達した場合でも、アクセスと使用に対する制限が適用されます。 文書、ブック、プレゼンテーション、メール メッセージ自体に、アクセス許可が保存されているためです。

IRM を使用して、以下のファイルの種類を保護できます。 また、Outlook で権限が管理されているメッセージに添付された場合、これらのファイルも自動的に権限の管理対象となります。

Word ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

文書

.doc と .docx

マクロを有効にした文書

.docm

Word テンプレート

.dot と .dotx

マクロを有効にしたテンプレート

.dotm

Excel ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

ブック

.xls と .xlsx

マクロを有効にしたブック

.xlsm

Excel テンプレート

.xlt と .xltx

マクロを有効にしたテンプレート

.xltm

XML 形式でないバイナリ ブック

.xlsb

マクロを有効にしたアドイン

.xla と .xlam

PowerPoint ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

プレゼンテーション

.ppt と .pptx

マクロを有効にしたプレゼンテーション

.pptm

PowerPoint テンプレート

.pot と .potx

マクロを有効にしたテンプレート

.potm

スライド ショー

.pps と .ppsx

マクロを有効にしたスライド ショー

.ppsm

Office テーマ

.thmx

関連項目

プレゼンテーションを保存するためのファイル形式

Outlook

個人と開発者は Information Rights Management (IRM) を使用して、文書、ブック、プレゼンテーション、メール メッセージにアクセス許可を設定できます。 この結果、許可のないユーザーによる機密性の高い情報の印刷、転送、またはコピーを防止できます。 IRM を使用してファイルのアクセス許可を制限した後は、意図していない宛先にそのファイルが到達した場合でも、アクセスと使用に対する制限が適用されます。 文書、ブック、プレゼンテーション、メール メッセージ自体に、アクセス許可が保存されているためです。

IRM を使用して、以下のファイルの種類を保護できます。 また、Outlook で権限が管理されているメッセージに添付された場合、これらのファイルも自動的に権限の管理対象となります。

注: メール メッセージ内の内容に関するアクセス許可を制限する方法の詳細については、「アクセス権が制限されたメッセージを作成する」を参照してください。

Word ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

文書

.doc と .docx

マクロを有効にした文書

.docm

Word テンプレート

.dot と .dotx

マクロを有効にしたテンプレート

.dotm

Excel ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

ブック

.xls と .xlsx

マクロを有効にしたブック

.xlsm

Excel テンプレート

.xlt と .xltx

マクロを有効にしたテンプレート

.xltm

XML 形式でないバイナリ ブック

.xlsb

マクロを有効にしたアドイン

.xla と .xlam

PowerPoint ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

プレゼンテーション

.ppt と .pptx

マクロを有効にしたプレゼンテーション

.pptm

PowerPoint テンプレート

.pot と .potx

マクロを有効にしたテンプレート

.potm

スライド ショー

.pps と .ppsx

マクロを有効にしたスライド ショー

.ppsm

Office テーマ

.thmx

関連項目

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×