IPad や iPhone の OneNote のパスワード保護についてください。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

パスワードを使ったノートブックの保護に関して、いくつかの注意事項があります。

  • パスワードを適用できるのは、ノートブック全体ではなく、ノートブックの 1 つ以上のセクションだけです。

  • パスワードでは大文字と小文字が区別されます。パスワードを入力する前に CapsLock キーがオフになっていることを確認してください。

  • OneNote では、128 ビット AES 暗号化を使うことにより、パスワードで保護されたノードブックのセクションの安全性を確保します。パスワードを忘れた場合、誰もノートのロックを解除することができなくなります (Microsoft テクニカル サポートでも解除できません)。このため、パスワードを割り当てるときや変更するときは、注意が必要です。パスワードを忘れる可能性があると思われる場合は、パスワードをメモして安全な場所に保管してください。

  • パスワードで保護されたセクションは、ノートブックの検索対象に含まれません。保護されたセクション内のノートを検索対象に含めるには、最初にセクションをロック解除する必要があります。

  • ノートの安全を守るために、OneNote では、操作しない状態が数分間続くと、パスワードで保護されたセクションが自動的にロックされます。

  • パスワードで保護すると、他のユーザーが許可なしでノートを読むことが難しくなるので個人情報のセキュリティが強化されますが、確実に保護できるわけではありません。誰かがコンピューターやデバイスに物理的にアクセスして、情報へのアクセス方法を見つける可能性もあります。このため、機密性の高い情報 (身分証明書番号、銀行口座の暗証番号など) を OneNote に保存しないことをお勧めします。

  • iOS 8 を実行している互換性のあるデバイスで OneNote を使用している場合は、Apple の Touch ID セキュリティを使用して、パスワードで保護されたノートブックのセクションを指紋でロック解除できます。ただし、OneNote 内のパスワードで保護されたセクションに対して Touch ID を有効にする前に、デバイスへの Touch ID アクセスが許可されているユーザーの誰もが、パスワードなしでノートをロック解除できることを認識する必要があります。iPad の Touch ID 機能によって保存されたパスワードを削除するには、[設定] をタップして、アプリのリストで [OneNote] をタップして、さらに [OneNote のリセット]、[ログイン資格情報の削除] の順にタップします。変更を有効にするために、OneNote を閉じて再起動します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×