IPad や iPhone のクラウド ストレージから OneNote にファイルを挿入します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

お気に入りのクラウド ストレージ プロバイダーからノートにファイルを挿入できます。したがって、クラウドへの接続が中断されているときでも、プロジェクト、旅行、教室などで必要とされるすべての情報を 1 か所にまとめることができます。

この機能の要件:

  • デバイスで iOS 8 以降が実行されている必要があります。

  • OneNote にサインインしており、少なくとも 1 つのノートブックが開いている必要があります。

  • OneDrive、Dropbox など、クラウドベース ストレージのアプリをデバイスにインストールしておく必要があります。

iPad

ファイルを挿入するには、次の操作を行います。

  1. OneNote で [挿入] をタップします。

  2. [挿入] メニューで、次のいずれかの操作を行います。

    • ドキュメントまたはファイルを挿入するには、[ファイル] をタップします。

    • PDF (Portable Document Format) ファイルを挿入するには、[PDF ファイルの印刷イメージ] をタップします。このオプションでは、PDF ファイルのページがイメージに変換されて、ノートブック内に配置されるため、表示やコメントの追加が簡単にできるようになります。

  3. 、ファイルのブラウザーの一覧で、好みのクラウド ストレージ プロバイダーが表示されていない場合、左上隅の場所をタップして、[プロバイダーを使用する] をタップします。記憶域プロバイダーは、お使いのデバイス上のアプリをインストールしている場合にのみこの一覧に表示されます。(を [場所] リストに推奨されるアプリが表示されない場合はタップ詳細を有効にする)。

  4. 挿入するファイルをタップして選びます。

iPhone

ファイルを挿入するには、次の操作を行います。

  1. OneNote のページで任意の場所をタップすると、キーボードが表示されます。

  2. キーボード上のコマンド バーで、クリップ アイコンをタップします。

  3. 、ファイルのブラウザーの一覧で、好みのクラウド ストレージ プロバイダーが表示されていない場合、左上隅の場所をタップして、[プロバイダーを使用する] をタップします。記憶域プロバイダーは、お使いのデバイス上のアプリをインストールしている場合にのみこの一覧に表示されます。(を [場所] リストに推奨されるアプリが表示されない場合はタップ詳細を有効にする)。

  4. 挿入するファイルをタップして選びます。選んだファイルが Portable Document Format (PDF) 形式である場合、添付ファイルまたは印刷イメージとして挿入することもできます。PDF ファイルの印刷イメージでは、PDF ファイルのページがイメージに変換されて、ノートブック内に配置されるため、表示やコメントの追加が簡単にできるようになります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×