IOS 版 office Lens

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office Lens は、ホワイトボード、メニュー、標識、手書きのメモなど、たくさんの文字が書かれた対象からメモを取ったり情報を取り込んだりすることができる便利なアプリです。急いでメモを取ったり、ぼやけた画像をメモ代わりにしたり、またはどこかへの置き忘れを心配することも、もう必要ありません。スケッチやイラスト、数式も、さらにテキストを含まない画像でも取り込むことができます。

Office Lens では影と不必要な角度が除去されるため、画像を読み取りやすくなります。ドキュメントやホワイトボードの画像は、Word、PowerPoint、OneNote、OneDrive にアップロードしたり、PDF として保存したり、メールで送信したりできます。

最新バージョンの Office Lens は、App Store で無料でダウンロードできます。

モードを選ぶ

Office Lens を起動したら、まずモード (名刺、写真、ドキュメント、ホワイトボード) を選びます。これで、Office Lens が画像を最適な状態で取り込むことができます。iPhone 6s または 6s Plus を使用している場合、ホーム画面で Office Lens アイコンを長押しすると、モードを選択できます。

Office Lens が起動したら、モードを選びます。

注: この記事は、ipad 上にも適用されますが、iPhone のスクリーン ショットを使用します。

電子名刺   このモードで、連絡先情報を抽出して OneNote と iPhone または iPad の連絡先に保存できます。この機能は現在、英語、ドイツ語、スペイン語、簡体字中国語で名刺を最適な動作します。

写真    風景の画像や人物の撮影に適したモードです。

ドキュメント    このモードを使うと、ページ上の小さい文字や詳細な説明を最大限に取り込んで活用できます。ポスター、チラシ、レストランのメニューなどに適しています。

ホワイトボード    ノートを取るときは、このモードを使います。Office Lens では、背景の明るさを抑えて、文字が読み取りやすくなるように画像が調整されます。黒板やスケッチの取り込みにも適した設定です。

写真を撮影する

フラッシュを使うかどうかを選択して、撮影するアイテムが枠線内に収まっていることを確認します。[カメラ] ボタンを使用して写真を撮影します。デバイスのフォト ライブラリから既存の画像をインポートすることもできます。写真を撮り直す場合は、[ごみ箱] ボタンのアイコンをタップして、表示された画像を再撮影します。さらに写真を撮影する場合は、[Take More (さらに撮影)] ボタンをタップします。

Office Lens が起動したら、モードを選びます。

写真を保存する前に、レビューして編集します。

VoiceOver を使用して、"右に移動します"、"上に移動します" など、リアルタイムの音声ガイドを入手します。また、よく見えない場合や、視力の弱いユーザーあるいは全盲のユーザー向けに、適切に写真が撮れるようになります。詳細については、こちらをご覧ください

レビューと編集

正確に希望するには、保存する前に、画像を編集できます。画像を編集するトリミング、回転アイコンをタップします。退席中の不要な画像の任意の部分をトリミングするのにには、トリミング機能を使用します。画像にキャプションを追加することもできます。この図表番号は、OneNote と OneDrive のファイルのタイトルの代替テキストとして使用されます。画像を編集した後は、完了の] をタップします。3 つ以上の画像を実行する場合は、 Office Lensギャラリーに行ったすべての画像が表示されます。

写真を保存する前に、レビューして編集します。

画像の不要な部分をトリミングします。

Office Lens で撮影した写真のギャラリー

保存

  • 写真ドキュメント、またはホワイト ボードモードで実行キャプチャの Word や PowerPoint ファイル、または PDF として OneNote、OneDrive に画像を保存することができます。Outlook ローカルのメール プログラムを使ってスキャンした画像を送信したり、iPhone または iPad の写真ライブラリに保存できます。すぐにテキストが読みたい場合は、テキストを読み上げるに効果的なリーダーを選択します。詳細を表示します。

  • ギャラリーに、またはインターネット接続なしで PDF として、キャプチャを保存することができますしてアプリにサインインする必要はありません。、OneNote、OneDrive、Word、または PPT に、キャプチャをアップロードするために、インターネットに接続する必要があり、サインインするように求められます。

  • 光学式文字認識 (OCR)、キャプチャで実行する場合は、Word 文書形式を使用します。Office Lens で、OneDrive では、すべてのテキストをキャプチャを自動的に抽出する Word ファイルが作成されます。

    画像の保存場所を選びます。

    注: 画像を Word、PowerPoint、PDF ファイルとして OneNote や OneDrive に保存すると、Microsoft アカウントまたは職場または学校アカウントでサインインするよう求めるメッセージが表示されます。

  • 名刺] モードにかかったキャプチャ、 (連絡先 + イメージ) を OneNoteに画像を iPhone または iPad の連絡先を vCard (.vcf ファイル) として保存] をタップまたは iPhone または iPad の写真ライブラリに画像を保存します。

    [名刺] モードの [エクスポート] オプション。

既定では、OneNote に保存された画像はメイン ノートブックに表示されますが、表示される場所を変えて、ノートを自分に合ったやり方で整理できます。

注: OneNote を使い始めたばかりの場合は、<あなたの名前> の付いたノートブックのクイック ノート セクションに、画像が保存されています。OneNote を以前からお使いの場合、ノートブックには個人用、個人用 (Web)、マイ ノートブックなど、さまざまな名前が付けられ、取り込んだ情報は [落書きノート] セクションに保存されます。

ページの先頭へ

画像を Word ファイル、PowerPoint ファイルの場合は、名前を付けて保存、または任意のデバイスからアクセスできるように、OneDrive のドキュメント] フォルダーに pdf ファイルが表示されます。PDF ファイルを保存することもローカル スマート フォンで、[ファイルを編集することで、[保存] ボタンをタップする pdf ファイルの場所。

Office Lensは、Word や PowerPoint ファイルに画像をインポートしたしないです。最終版の Word および PowerPoint のドキュメントは、実際の Office ドキュメントです。

  • Word の場合、Office Lens によって、手書きテキストや画像に表示されているテキスト、ドキュメントのレイアウトなどが認識されます。作成した Word ドキュメントのすべてのテキスト、書式、レイアウトを、デスクにいるときと同じように自由に編集できます。

  • PowerPoint の場合は、すべての手書きの線とストロークが PowerPoint 描画オブジェクトに変換されるので、色やサイズの変更、移動、編集を行うことができます。描画の背景を削除することもできるので、他のプレゼンテーションで描画を簡単に再利用できます。

  • PDF の場合、Office Lens でテキスト情報が抽出されます。 ファイル内のコンテンツはテキスト検索が可能で、PDF 閲覧アプリでページの一部をハイライトしたりコピーしたりできます。

  • 光学式文字認識 (OCR) とサポートされる言語:

    保存先

    対象テキスト/入力

    言語

    Word、PDF、OneDrive、OneNote、効果的なリーダー

    印刷される文字

    英語、簡体字中国語、繁体字中国語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語、トルコ語

    OneNote

    手書きテキスト

    英語

    名刺モード (OneNote)

    名刺

    英語、簡体字中国語、ドイツ語、スペイン語

他に質問がある場合

Microsoft コミュニティ フォーラムにアクセスして、Office Lens に関するユーザーの投稿を参照してください。または、Answer Desk にお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×