INTERCEPT 関数

ここでは、Microsoft Excel の INTERCEPT 関数の書式および使用法について説明します。

説明

既知の x と既知の y を通過する線形回帰直線の切片を計算します。 切片は、既知の x と既知の y を通過する最適な回帰直線に基づいています。 独立変数が 0 (ゼロ) のときの従属変数の値を決める場合に INTERCEPT 関数を使用します。 たとえば、室温またはそれ以上の環境でデータが取得された場合に、0 度での金属の電気抵抗を予測するために INTERCEPT 関数を使用します。

書式

INTERCEPT(既知の y, 既知の x)

INTERCEPT 関数の書式には、次の引数があります。

  • 既知の y    必ず指定します。 観測またはデータの従属範囲を指定します。

  • 既知の x    必ず指定します。 観測またはデータの独立範囲を指定します。

解説

  • 引数には、数値か、数値を含む名前、配列、または参照を指定します。

  • 引数として指定した配列またはセル範囲に文字列、論理値、空白セルが含まれている場合、これらは無視されます。ただし、数値として 0 (ゼロ) を含むセルは計算の対象となります。

  • 既知の y と既知の x に含まれる値の個数が異なる場合や、これらの引数に値がまったく含まれない場合は、エラー値 #N/A が返されます。

  • 回帰直線の切片 a は、次の数式で表されます。

    数式

    また、回帰直線の傾き b は、次の数式で表されます。

    数式

    ここで、x は標本平均 AVERAGE(既知の x)、y は標本平均 AVERAGE(既知の y) です。

  • INTERCEPT 関数や SLOPE 関数の基になるアルゴリズムは、LINEST 関数の基になるアルゴリズムとは異なります。 そのため、データが不定で共線性がある場合に、結果が異なることがあります。 たとえば、"既知の y" 引数のデータ要素が 0、"既知の x" 引数のデータ要素が 1 の場合、次のような動作になります。

    • INTERCEPT 関数と SLOPE 関数ではエラー値 #DIV/0! が返されます。 INTERCEPT と SLOPE のアルゴリズムは唯一の解を求めるように設計されていますが、この場合は複数の解があり得ます。

    • LINEST 関数では値 0 が返されます。 LINEST アルゴリズムでは、共線性があるデータに対して適切な結果を返すようになっており、この場合は少なくとも 1 つの答えが見つかります。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

既知の y

既知の x

2

6

3

5

9

11

1

7

8

5

数式

説明

結果

=INTERCEPT(A2:A6, B2:B6)

上記の既知の x と既知の y を通過する線形回帰直線の切片を計算します

0.0483871

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×