INNER JOIN 操作

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

2 つのテーブルの共通するフィールドに同じ値があった場合に、両方のテーブルのレコードを結合します。

構文

Table1の内部結合table2からtable1にします。フィールド 1compopr表 2します。field2

INNER JOIN 操作には、次の指定項目があります。

引数

説明

table1table2

結合するレコードのあるテーブルの名前。

field1field2

結合するフィールドの名前。フィールドが Numeric 型 (Numeric) でない場合は、両方のフィールドが同じデータ型であり、両方のフィールドに格納されているデータが同じ種類である必要があります。ただし、同じ名前である必要はありません。

compopr

"="、"<"、">"、"<="、">="、"<>" などの比較演算子。


解説

INNER JOIN 操作は、FROM 句の中で使用します。INNER JOIN 操作は最も一般的な結合方法であり、2 つのテーブルの共通するフィールドに同じ種類の値があった場合に、両方のテーブルのレコードを結合します。

たとえば、[部署] テーブルと [社員] テーブルで INNER JOIN 操作を行うと、各部署に所属する社員全員を選択できます。これに対して、所属する社員が 1 人もいない部署も含めすべての部署を選択したり、どの部署にも所属していない社員も含め社員全員を選択するには、LEFT JOIN、RIGHT JOIN 操作を使用して外部結合を作成します。

メモ型 (Memo) または OLE オブジェクト型 (OLE Object) のデータが格納されたフィールドを結合しようとすると、エラーが発生します。

2 つの数値型 (Numeric) フィールドのデータ型が同じであれば、それらのフィールドを結合することができます。たとえば、オートナンバー型 (AutoNumber) フィールドと長整数型 (Long) フィールドは、データ型が同じであるため結合することができます。一方、単精度浮動小数点型 (Single) フィールドと倍精度浮動小数点型 (Double) フィールドは結合できません。

次の例では、[商品区分] テーブルと [商品] テーブルを "区分コード" フィールドで結合しています。

SELECT CategoryName, ProductName
FROM Categories INNER JOIN Products
ON Categories.CategoryID = Products.CategoryID;

この例では、結合されるフィールドは "区分コード" フィールドですが、このフィールドは SELECT ステートメントで指定していないため、クエリの結果には含まれません。結合に使用したフィールドを出力するには、そのフィールド名を SELECT ステートメントで指定してください。上の例の場合は、フィールド名として "商品区分.区分コード" を指定します。

次の構文を使用して、JOIN ステートメントの中で複数の ON 句を連結できます。

SELECT fields
FROM table1 INNER JOIN table2
ON table1.field1compoprtable2.field1 AND
ON table1.field2compoprtable2.field2) OR
ON table1.field3compoprtable2.field3)];

次の構文を使用して、JOIN ステートメントをネストすることができます。

フィールドの選択]
table1内部結合の
(table2内部結合 ([)]表 3
[内部結合 ([)]tablex [INNER JOIN…)]
表 3にします。field3compoprtablexします。fieldx)]
Table2にします。field2compoprtable3します。field3)
Table1にします。フィールド 1compopr表 2します。フィールド 2です。

LEFT JOIN または RIGHT JOIN は、INNER JOIN にネストできますが、INNER JOIN を LEFT JOIN または RIGHT JOIN にネストすることはできません。



注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×