IN 句

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Access データベース エンジンから接続できる外部データベース (dBASE や Paradox、または外部の Microsoft Access データベースなど) のテーブルを識別します。

構文

変換先テーブルを識別するには、次のように指定します。

[SELECT | INSERT] INTO destination IN
{path | ["path" "type"] | ["" [type; DATABASE = path]]}

変換元テーブルを識別するには、次のように指定します。

FROM tableexpression IN
{path | ["path" "type"] | ["" [type; DATABASE = path]]}

IN 句を使用する SELECT ステートメントには、次の指定項目があります。

引数

Descri ption

destination

データを挿入する外部テーブルの名前。

tableexpression

データを取得する 1 つ以上のテーブルの名前。単一のテーブル名、保存されたクエリ名、または INNER JOIN、LEFT JOIN、あるいは RIGHT JOIN のいずれかの操作の結果としてできる複合テーブルを指定します。

path

引数 table のあるディレクトリまたはファイルの完全パス。

type

データベースが Microsoft Access データベース以外のデータベース (dBASE III、dBASE IV、Paradox 3.x、Paradox 4.x などのデータベース) の場合に、引数 tableexpression で指定した引数 table の作成に使用するデータベースの種類名。


解説

IN 句を使用して接続できる外部データベースは、一度に 1 つのみです。

場合によっては、引数 path がデータベース ファイルのあるディレクトリを指すことがあります。たとえば、dBASE、Microsoft FoxPro、Paradox などのデータベースのテーブルでは、引数 path に .dbf ファイルや .db ファイルのあるディレクトリを指定します。テーブル ファイル名は、引数 destination または tableexpression によって指定します。

Microsoft Access データベース以外のデータベースを指定する場合は、'dBASE IV;' または "dBASE IV;" のように名前の後にセミコロン (;) を付け、全体を単一引用符 (') または二重引用符 (") で囲みます。

予約語 DATABASE を使用して外部データベースを指定することもできます。たとえば、次の 2 行の内容は同じです。

... FROM Table IN "" [dBASE IV; DATABASE=C:\DBASE\DATA\SALES;];

... FROM Table IN "C:\DBASE\DATA\SALES" "dBASE IV;"

注: 

IN 句ではなくリンク テーブルを使用した方が処理効率が良く操作も簡単です。

予約語 IN は、式の中で比較演算子として使用することもできます。



注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×